2011年02月21日
福寿草の発芽

鉢植えにしている福寿草が発芽していました。
ちょっと早いなと思って去年のブログを見てみたら、3月3日に開花していたので、まあそろそろということです。
福寿草の黄色い花は、長い冬の後にいちばん初めに見る花です。そのあとに色鮮やかなクロッカスが地面近くで花を開き、いよいよ春っぽくなっていくわけです。

時や季節を動植物の活動で知るということは、実に気持ちのいいものです。線を引いたような人間社会の中の季節ではなく、その年々の気候で微妙に前後する自然界の生き物の活動は、季節だけでなく季節感までも知らせてくれます。
春にお店に並ぶパンジーなどの花も春の知らせのひとつですが、やはり自然の気温と降雨の中で自分の意思で発芽して花を咲かせた植物は、より純粋な季節や季節感を表すような気がします。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
寒さの厳しいそちらも、そろそろ春の訪れなのですね♪
こちらは随分暖かくなってきたのですが、年末から1月にかけての寒さが厳しかった影響か、例年だったらもうとうに咲いているはずのジンチョウゲが未だに咲きません。
いつになったら、あの芳香が漂ってくるかとたのしみにしているのですけど。
Posted by usashi at 2011年02月23日 13:39
>usashiさん
ようやくですね。やっとです。
ただ、まだ2月なので、これからドカ雪がたぶん2回はあるでしょう。去年も一晩で50cm降ったので油断できません。4月に霜が降りたこともあったしw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年02月23日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。