2011年04月01日
今回撮影した動画では、次の状況を透視的に確認することができます。
・キャベツを削り取るときの口の内部の動き
・口で削り取ったキャベツの一片が、食道を通りぬける様子
・食べたキャベツが腸の奥に運ばれていくぜん動運動

撮影に協力してくれたのは、昨年の10月に生まれた生後約5か月半のアオモリマイマイ。殻の直径は最大で1cmです。
このころまではまだ体や殻の透明度が高いので、体の内部の様子が見えます。

例のごとく、できるだけ高い解像度で画面を大きくして見ると、はっきりわかります。
■解像度を高くする方法
再生をはじめると、再生ウインドウの右下に「720p」とか「480p」と出ていると思います。そこにマウスを乗せると、この数字から別の数字に変えられます。数字を大きくすれば解像度が高くなりますが、標準的なパソコンでは「720p」あたりがいいと思います。
数字を上げて動画がカクカクしたり止まったりする場合は、パソコンの再生性能が低いので数字を下げます。
■画面を大きくする方法
再生するソフトの画面を、ウインドウを大きくするときと同じようにします。
HD撮影なので、画面いっぱいにするとわかりやすくなります。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても鮮明に撮れていますね!
そうそう、食べて続けていると首(?)のあたりが「食べているもの色」になってくるんですよね。
で、しばらくすると殻の巻きの部分にある腸がその色の渦になっていって、フンをするとそれがまた動く、と。

せっかくキレイに薄い殻なので、満腹でフンをする動画も見たいです(実物は毎日見ていますが)。
Posted by みにみに at 2011年04月01日 17:24
動画いいなぁ〜
アップでここまでキレイに撮れるのですね。
口の内部の動き、食道を通りぬける様子、腸のぜん動運動、
カタツムリの飼育をしていてもじっくり観察していないので、
何度も見ることができ勉強になりました。
Posted by 玉つむ at 2011年04月01日 22:32
>みにみにさん
そうそうw まさにそんなかんじですねw
濃い色の食べ物だと、特にそれがわかりますねー。
こんなの撮れるのも子供のうちなので、なんとか撮れました。
フン動画は前に撮ってるので、見てなかったらここですw
http://aiaicamera.seesaa.net/article/122447724.html

>玉つむさん
もっと小さいころだとかえってわかりづらいですし、これ以上大きくなったら今度は透明度が落ちてきて見えづらくなってしまいます。
まさに今撮らないと!…と奮起した次第w
生長スピードが加速しているので、あせりました(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年04月01日 23:03
フン動画見ました、ありがとうございます。
じゃんじゃん出るあたり「スッキリ快便」ですね。
初めてフンする所を見たとき「畳み上手はネピアだけ」というCMのキャッチフレーズが頭に浮かんで、
しばらくはフンに遭遇する度に心の中で呟いていました(笑)。

何故、規則正しく畳むのでしょうか。
(時々、散歩しながらフンのコもいますが)
フンサポートのお口の動きがなせる業ですよね。
自然とそうなっちゃうのかな。
Posted by みにみに at 2011年04月02日 20:24
>みにみにさん
10倍速なのでじゃんじゃん出てますw
フンが規則正しく折りたたまれるのは、腹足の進行波で故意に行っている気がします。
さらにその後に覆いかぶさって通り抜けることによって、フンが押し固められて最小限のかたまりにまります。
それをカタツムリは狙っているんだと思いますよー。
なんせきれい好きですからね(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年04月04日 22:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る