2011年05月22日
エンマコオロギの卵の孵化体制

ずっと冷暗所に保管しておいたエンマコオロギの産卵床を出し、特大飼育ケースの中にセットしました。
産卵床の中には、去年飼っていたエンマコオロギが産んだ卵が入っています。
去年の産卵中の動画です。



このように産み落とされた卵が入っている産卵床は全部で7個。孵化に向けて本日常温下に置いた次第。
去年は6月中旬ごろに孵化したので、あと1か月ぐらいはかかるでしょう。

飼育ケースのセッティングは、今年はインテリアバークの数を少し減らすことにしました。
隠れるところを多く作ったのはいいのですが、隠れてばっかりで全部で何匹いるのかさえ不明のまま飼育が進みました。
そんなわけで、隠れるところは最小限にしたわけです。
あと、川砂にヤシ殻活性炭のチップを混ぜてみました。何かと役に立ってくれるはずです。

めでたく孵化したら、産卵床を取り除いて水飲み場とエサ皿を追加します。過渡期は混在するかもしれません。
不幸にも1匹も孵化しなかったら、エンマコオロギの累代飼育失敗ということになりますが、ここは卵の生命力を信じたい次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エンマコオロギの卵(@o@)!!!
あ〜うらやましいぃ、ほしいぃぃ・・・。

コオロギってなかなか見つけられなくて悔しい思いをしています。
私の住んでいる所では、きれいな鳴き声のコオロギとはなかなか遭遇できないです。
めでたく孵化&成長したら、是非鳴き声も聞かせて下さいね。

それにしてもいつもすごいと思います。
飼育用具はいつもどれもピカピカ*
飼育部屋も整理整頓、行き届いたお掃除*
世の主婦達も真っ青でしょう。

Posted by ニンジン at 2011年05月22日 10:06
>ニンジンさん
まあ、いつも掃除後に撮影しているので、きれいなのは当然なのでありますw
整理整頓は、これは良くない点ですな。A型の欠点でもあるので、もっと自然な感じに配置できたらと思っています(^O^)
孵化して生長して鳴き始めたら動画を撮りますよー。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年05月22日 19:09
ショックだ…
同じA型なのに、何故わたしの飼育方法は行き当たりばったりなやり方なんだろう(笑)
Posted by ☆けめ at 2011年05月23日 22:41
こんばんはー!
エンマコオロギは中学のころよく見かけました。
以外に迫力あるんですよね。
数十匹で固まっているのを見たことがあります。
でも、飼育は成功したことないです。

自分はオカダンゴムシを飼育していて、
ついに赤ちゃんが誕生しました。
ゴマみたいなかわいらしいやつです。
ダンゴムシの累代に始めて成功しました。
ぁぃさんみたいに上手く生き物を育てられる
ようになりたいです。
Posted by 大根ステーキ at 2011年05月23日 23:01
>☆けめさん
いえいえ、けめさんの飼い方を見てると、その対処方法や気配りが十分すぎるくらいA型ですよ。
それがいい方向に向かっているので、毎年チョウもやってくるのだと思います。
つか、メダカ系の管理は感心レベルですw

>大根ステーキさん
はじめましてです(^O^)
ダンゴムシ系の飼育、実際密かに飼ってる人が意外といるんですよw
実際かわいい生き物なので、密かな人気なのかも。
アシダカに関わったせいで、その周辺の昆虫の生息具合までわかるかもしれません。
アシダカは立派な益虫、仲良くできるといいですねー(^O^)


Posted by ぁぃ♂ at 2011年05月23日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る