2011年06月18日
野生のイチゴの意地

今日の収穫。大なり小なりの実を次々とつける野生化したイチゴ。
大きい実は三郎苗、小さいのは親の苗です。やはり、かなりの違いが出ます。
今日は全部自分が食べてみましたが、色に関係なく単純に大きいほうが甘く、小さいほうは赤くても味は落ちました。
大きい実のほうの真ん中の実は完熟状態になっており、とんでもなく甘かった次第。
まだまだ青い実が何個も付いており、これからも収穫できそうです。つか、次はカタツムリにあげる番ですな。

.....@ノ”<全部ひとり占めずるいっ!                     (^^ゞ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | イチゴ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今年は、ちょっとだけイチゴに力を入れました。といっても水やりと肥料やりぐらいですが。
見事にヒヨドリにやられました。鳥よけのネットを張ってからは、ナメクジにやられました。
私はナメクジさんの食べ残しのイチゴを食べました。間接キスです。(。-_-。)ポッヾ(-_-;) オイオイ...
Posted by ニンジン at 2011年06月18日 23:00
>ニンジンさん
こっちのイチゴは、ワラジムシとアリとナメクジとウスカワマイマイがよく集まります。
まあ、あの芳香あの甘さなら、みんな大好きなんでしょうなw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年06月19日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。