2011年06月24日
エンマコオロギの産卵床を撤去

孵化した数が尋常ではないので、これからも孵化する可能性が大きい産卵床を全部撤去しました。


エンマコオロギの産卵床を撤去

どんだけ卵産んでたんだよと(^^ゞ


エンマコオロギの産卵床を撤去

産卵床は庭の日陰に設置して、今後は自然の中で孵化させることにしました。孵化し終わるまでは産卵床への霧吹きは引き続き実施します。また、簡易的な屋根もつける予定です。


エンマコオロギの産卵床を撤去

それにしても数が多いわけで、生長とともに何回かに分けて家の庭にも放す予定。たくましく生き抜いて、秋には鳴き声を聴きたいものです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんなにたくさん無事に孵化出来ても、自然界では1/3も生き残れないんでしょうね(´・ω・`)
ぁぃ♂さんが手塩に掛けて大きくなり、庭で鳴く頃まで育てあげたら愛おしさも倍増でしょう♪
でも大量過ぎて煩くて眠れなくなったりして(笑)
Posted by ☆けめ at 2011年06月25日 10:00
>☆けめさん
いえいえ、50分の1とか100分の1といったレベルでしょう。
強い者が生き残らなければ種は滅亡するので、弱い者は途中で死んでしまいます。ただ死んでしまうのではなく、ちゃんと他の生き物の栄養になるので、そこは輪廻転生なわけです。
飼育ケースの中は守られた環境なので、放っておけばこれらのほぼ全数が成虫になりますw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年06月25日 10:31
鈴虫より、顔の大きいエンマコオロギがかわいいかなぁ
Posted by はらペコぁぃ at 2011年06月28日 00:09
>はらペコぁぃさん
まさに同意。スズムシは鳴き声はきれいなのですが、姿かたちは意外とグロなのでありますw
顔が小さいので本物の宇宙人のようで、ちょっと不気味ですねw
コオロギは顔が大きくて目や口もはっきり見えるため、アニメチックなイメージです。
まだまだ小さくて顔も見えませんけど(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年06月28日 08:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。