2011年07月04日
急速羽化モードに突入で羽化

住居部とえさ場をつなぐチューブにマユや幼虫を運び、ここから動かなくなりました。
この場所は最も室温が高いと見られ、全数を早く羽化させたいようです。
えさ場にも常時アリがいるので、住居部だった場所にバナナを置きました。


急速羽化モードに突入で羽化

1匹の個体がマユをかじっています。よく見るとマユの殻です。どこかに羽化した個体がいるはずです。


急速羽化モードに突入で羽化

いました。右側の色の薄い個体が、羽化した個体です。早くも子育て要員として働いていました。


急速羽化モードに突入で羽化

どのマユも中のサナギがはっきりと見え、間もなく羽化を迎えます。気になるのが、マユにくっついている小さな幼虫。たまたま次の羽化組になっているのか、もしかしたらエサ用として生長を止められているのか、そのあたりは今後の観察ではっきりするでしょう。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。