2011年07月13日
毎年恒例、カタツムリを放す

入道雲が高く登り、雷雲も続々と発生して近郊で豪雨を降らせています。天気予報では今夜は雨、明日も雨の時間が多い予報。
梅雨の時季に放す予定でしたが雨もさっぱり降らず、今日に至った次第。放すなら今日です。


毎年恒例、カタツムリを放す

大地を這うカタツムリ。飼育ケースの中と比べると良いことも悪いことも出てくると思いますが、強い遺伝子を残すには厳しい環境も必要であることは事実でしょう。


毎年恒例、カタツムリを放す

少し前に出ていた入道雲が、夜を待たずに土砂降りの雨を降らしました。これで移動も楽になるでしょう。

今回放した結果、親カタツムリが2匹、子カタツムリ(筋あり)が2匹、子カタツムリ(筋無し)が2匹になりました。パツラとウスカワはそのままです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(8) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらも、モクモク、ピカピカ光ったような入道雲が、見える毎日です(見えるだけのほうが多いのですが)。

花に水をやっていたら、トノサマバッタの幼虫がいました。

何齢なのでしょうか、大型コンテナ車のコンテナがないような、ちょっと、「ごめん、見ちゃった、はずかしよね」って言う感じ。


見つけちゃって、ごめん。でも、ちょっと笑ってもいいい って感じです。
Posted by はらペコぁぃ at 2011年07月13日 20:16
>はらペコぁぃさん
バッタの幼虫は当ブログでも何回か載せていますが、正直毎回笑ってしまいますw
上半身だけ一人前なのに、下半身がオマケw
他の昆虫はバランスよく大きくなるのに、なんでバッタの幼虫はあーなんでしょうねー(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月13日 23:19
>大地を這うカタツムリ
林のような場所にいるのかと思っていましたが、わりとひらけたところに棲んでいたのですね。意外でした^^

>放すなら今日です。

こちらも、予報によれば先ほどからの雨が明日中続くということなので、リリース準備中です。
今回のグループは大雨でも心配のない場所原産なのが安心で・・・
雨のほうがヤブ蚊とかやっかいな虫(ときどきスズメバチ御一族様も・・)が少なくて助かります。
後は、カラスの目からどうカモフラージュしようか〜ってのが課題ですが、こればかりは運任せになりそうです。
Posted by 玉葱蓋 at 2011年07月14日 00:02
>玉葱蓋さん
カタツムリってコンクリートブロックを食べに来るので、意外と人家のそばや里にいません?w
元々の第1期のご先祖様は家の庭から採取したのですが、以後似たような場所で影響最小限の場所に放しています。
自然界では食物連鎖の中に入ったり厳しい気候の中で生きることになりますが、それが本来の姿だと考えれば、これも一種の卒業であると思えるわけです。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月14日 00:11
さよならしたんですね〜。
昨日私が飼っているカタツムリのたまご第二弾が孵りまして、今50匹ぐらいちびっこいのがいます。

第一弾は半分庭にかえして、半分は人にあげたのですが、この子たちはどうしようか迷っています。

今、外はとにかく暑いので、大丈夫かなぁって心配になります。
今週は晴天続きみたいなので、もう少しまってから飼える分だけ残してさよならしよと思います!
Posted by ゆう at 2011年07月14日 06:51
>ゆうさん
そうですね、カタツムリが産卵して孵化しだすと、数が一気に増えるので対策が必要になります。
卵の段階で放すのがいちばんいいのですが、次の代も飼うことを決めている場合は孵化確認を待ってから、それ以降の卵を放すことになります。
できるだけ雨の日を選んでくださいねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月14日 21:13
>人家のそばや里にいません?

エゾマイマイについては西側などの原生林に隣接する住宅地ではマンション駐車場のコンクリート塀をかじりに集結したりしているようですが、他の住宅地では庭で見るのはもっぱらウスカワ君のようです(植物の苗についてきた?)
こちらでは冬場の交通問題があるので住宅地でも道路幅は広めにできていますから、カタツムリやオサムシのように這う生き物は「隔離」状態かな〜などと思っています。

話はかわりますが、その昔オフィスビルでクマネズミにコンピュータのケーブルを齧られる被害がひろがって問題になったとき、札幌だけあまり広がらなかった理由が道路幅だったそうで、クマネズミは広い道は横断したがらない性質があったのだとか・・・PCの普及率が低かったからなんて理由でなくてよかったです^^
Posted by 玉葱蓋 at 2011年07月15日 00:44
>玉葱蓋さん
なるほど、都市計画で防火林をつくって延焼を防いだりするので、局地的な生息を見せるカタツムリでは道路で遮られることはあるでしょうねー。
カタツムリの採取の際に、いるところにはいるのにいないところには全然いないのも、まさにこれでしょう。
なかなかおもしろい書込み、ありがとーでした(^O^)
ウスカワはなんでも食べてタフなので、けっこうどこにでもいますねw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月15日 19:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る