2011年07月19日
ネジバナ開花開始

今年もネジバナが開花を始めました。
3年前に敷地内の野原にひっそりと咲いているのを見つけましたが、草刈りをする場所だったので掘り上げて鉢に植えたものです。雑草系は栽培がけっこう難しく、植え替えた翌年は花が咲きませんでした。ラン科なので、菌の繁殖が進んでいなかったせいもあるかもしれません。
2年目にあたる昨年に初めて3本の花茎を出し、ピンク色の花を咲かせました。
今年は3年目。4本の花茎を出し、ぽつぽつと咲き始めています。


ネジバナ開花開始

ラン科は派手なものから地味なものまでありますが、共通しているのはしっとりとした雰囲気。
このネジバナもその例外ではなく、雑草にしておくにはもったいないほどの雰囲気を持っています。

野原に行くと普通に咲いている植物なのですが、花茎を伸ばす前は地面に低く葉っぱを出しているだけなので目立ちません。やっと花茎を伸ばし始めても草刈りの時季とちょうどぶつかるため、住宅地周辺では開花までは見られなくなりました。
そんな運命のネジバナなので、鉢の中であれ開花はうれしいわけです。
タグ:ネジバナ
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当方の独り生えの「捻花」はや枯れ始めています。
小さな花は其れなりに、カトレアを想わせます。
野原に風に揺れながら、群れ咲いている風情は、
何時までも無くならないで、と願います。

「ねつこ草」なんて、愛らしい呼び方も。
Posted by 瓜豆 at 2011年07月19日 22:35
>瓜豆さん
こういう草花は、やはり草原でたくましく咲いててこそ、その美しさも輝きますねー。
人間は何も無い情景をきれいだと思う生き物なので、なんでもかんでも刈ってしまうんですなぁ(ー_ー)!!
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月20日 19:18
わたしも大好きな花ですが、ここ千葉では既に1か月ほど前に咲き終わり枯れましたー(T_T)
毎年同じところから1本だけ生えて来るんですが、踏みそうな場所なので掘り起こそうと思ったけれど、根っこが深いんですよね。
咲いている時期は気を付けながら庭を歩いてます(^^;
Posted by ☆けめ at 2011年07月20日 21:18
>☆けめさん
そうですねー。桜も東京とこっちでは1か月の差があるので、他の草花もそんなかんじですかな。
ネジバナはラン科なので、根がとんでもないんですよw
掘るなら小さいうちでないと、大きくなってからじゃ芋掘りになりますw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月21日 21:15
自宅の小さな芝生の中にも、咲いています。
実家の母が、持ち帰るのですが、育たないみたいです。
家では、踏まれても、むしられても、花がさくのですが、不思議ですね。
相性というものなのでしょうか?
Posted by はらペコぁぃ at 2011年07月22日 22:02
>はらペコぁぃさん
芝生の中のネジバナ、いいですねー。
そういう風景こそ、ネジバナが輝く瞬間です。
雑草系はどこにでも生えて育っていますが、いざ栽培しようとすると大抵は失敗します。きっと、植物栽培の常識からはずれた環境こそが、雑草系の住める環境なのだと思います。
生物学的な話をすれば、ラン科であるネジバナはラン菌の胞子から栄養を摂取しているので、ラン菌を含んだ土でないと育ちません。
水切れなんかも致命傷らしいです。難しいですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月22日 23:40
コメント いつも有難うございます。
返事をいただけるのは、とても嬉しいです。
コメントが、嬉しいツボを突いてくるのもグッきてしまいます。

ネジバナですが、移植するときに、もう少し、周りの土ごと移動すれば、菌が付いて行って、成功する可能性が増えるのでしょうか。
Posted by はらペコぁぃ at 2011年07月23日 08:35
>はらペコぁぃさん
それはこっちのセリフで、こちらこそいつもありがとーなわけでありんす(^O^)
移植は、根に付いた土を落とすなと言われています。周りの土ごとっていうのは安全策としていいかもしれません。自分もそうしました(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月23日 23:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る