2011年07月25日
12匹のムネアカオオアリ

マユからの羽化が進み、現在12匹になっています。写真では11匹ですが、えさ場のほうに1匹行っている状態です。
胸部の色が薄いものが若い個体、濃いものがベテランの個体です。

若い個体が増えるにつれ、今まで育児係だったベテランの個体の一部が巣の管理係に移りました。結果的に、うろうろする個体が増えたように見えます。
写真ではわかりづらいですが、体長が1〜2mmほどの幼虫が数匹います。これは何らかの手段で明らかに生長を止められており、食糧用として確保しているのかもしれません。
育児用の動物性のえさが不足になった状況で使うと思われるので、カゲロウなどの生餌は積極的に与えています。

ガガンボは比較的好物な生餌になりますが、生殺しや死んだ直後のガガンボには注意が必要です。
体は死んでも腹部だけはそれ以降も長く生き続け、メスだとそこから100個以上の産卵を始めます。
卵は黒くて小さなものなので気持ちが悪いということはありませんが、卵の腐敗後には巣の中が不衛生になるので注意です。ちなみに、この卵はアリは食べません。
また、蚊やカゲロウ系だと素直に食べますが、ハエ系ではなぜか長時間の戦闘が始まります。ハエがすでに死んでいても、蟻のほうはアゴを開いて何度も突っつくようなしぐさを繰り返します。体力の消耗という点では、あまり好ましいとは言えません。ただ、蟻酸をふりかけるようなしぐさは見せないので、本格的な戦闘というよりは過度な警戒だと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(8) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ガガンボΣ(゚Д゚;エーッ!な根性っすね@生殖
あの儚い足腰からは想像もできない・・・
つか、だからこそあんなひ弱でも生き残れるのか(;´Д`)

アリさんの生涯を通して、まつわるいろんなイキモノの生涯もまた、
はたで眺める二足歩行にも感慨深いものが多々ありまする
Posted by ぐわ氏 at 2011年07月25日 22:15
>ぐわ氏さん
確かにそれはあって、アリ飼育はアリ以外の生き物についても新発見が多いです。肉食昆虫でもあるので、他の昆虫に触れる機会があるからでしょうねー。
カマキリの時も、結局ゴミムシダマシの羽化まで見ましたしwww
昆虫飼育の面白いところは、ある日の妄想によって他の生き物とのつながりかたを考える瞬間があることです。そのつながりは一方向だけでなく東西南北にも広がり、気付けば自然界のルールの一部が見えてくることもあります。
単純で簡素な生き物である分、その周囲を考える余裕があるんだと思います(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月25日 23:35
前回は質問に答えてくださりありがとうございます。
この虫がついてるカタツムリはウスカワマイマイで1〜2センチのものが6匹ほどです。虫はダニみたいなもので、軟体部によくついてます。
これらの虫をカタツムリから取るには、どのようにして取ればいいのでしょうか?指で取るのですか?
質問してばかりで、すいません・・・。
上記の場合の危険度も、分かれば教えていただけると嬉しいです。
Posted by 紗夜 at 2011年07月26日 17:57
>紗夜さん
軟体部につくダニということなので、体液を吸っていると思われます。危険度としては、カタツムリは徐々に弱っていくでしょう。あまり多くはないですが、自然界ではカタツムリの体液を吸うダニの存在は確認されています。
除去法ですが、自分も経験のない事なのでわかりません。
一般的な考えだと、どんなものがどんなものに付いて何をしているのかを考え、その対策を飼い主が考えなければなりません。人に訊いてもネットで検索しても、たぶん出てこないでしょう。飼育人は力づくでも知恵を出さなければならないのです。
…と、ここで終わるとかわいそうなので、少しばかり知恵をw
ただし、自己責任ですよー(^O^)

・強めの霧吹き
近距離から霧吹きを強めに噴いて、ダニを飛ばします。ただしカタツムリも痛いでしょう。粘液もかなり流れ出ると思います。霧吹きで飛んだダニは確実に殺してください。単に下水や地面に流すことだけは絶対に絶対に厳禁です。このダニは遠くの地から運ばれてきた生き物です。今の土地の生物環境を汚染するかもしれません。
・綿棒で除去
1匹1匹探し出して確実に殺してください。

いずれの場合も、カタツムリは体を引っ込めようとするはずです。人の目に入ったゴミが、まばたきでますます奥に入り込むことがあるように、ダニも届かないような奥に入り込む可能性があることを知っておいてください。
また、普通なら自然界の摂理としてあきらめるレベルであることも理解してください。この場合、これ以上不幸な個体を生まないためにも、焼却も有効な手段であることを、最後に付け加えます。
努力で治癒に挑戦するかどうか、これは飼い主次第です。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月26日 23:38
紗夜さんへ(ぁぃさん、出しゃばってすみませんm(_ _)m)

>虫はダニみたいなもので〜
ウスカワマイマイと同居しそうでダニで色が白くやっと見える大きさというと、野菜の敵でもあるコナダニというのがいますけど・・・
↓こんなかんじでしたか?
http://cache.yahoofs.jp/search/cache?c=qZJwdGwxKcoJ&p=%E3%82%B3%E3%83%8A%E3%83%80%E3%83%8B%E7%A7%91&u=moritomegumi.com%2Ftokuyou%2Frinse0222.html
http://blager.exblog.jp/9657864/

>カタツムリから取るには、どのようにして取ればいいのでしょうか?
湿らせた綿棒を使われてはいかがでしょう?(この場合綿棒はたくさん用意してどんどん使い捨てにした方がいいです)ただ、もしコナダニだったら使用済みの綿棒は短時間でも絶対放置しないで、すぐにビニール袋や瓶(蓋付)に入れ室内に逃げ出さないようにしておき、最後は熱湯をかけて確実に息の根を止めます(今の季節ですと畳や家具その他で「大増殖」する恐れがありますので)
 
綿棒で取りきれないほど数が多いようでしたら、始めにムシの好みそうな餌で(何がいいかは「コナダニ 食害」等で検索してみてください)カタツムリに害がなさそうなものを入れ、しばらく放置(長くとも数時間以内にしてください。増えてしまいます^^)餌にたかったところを餌ごと回収→熱湯処理。適当に数が減るまでこれを繰り返してから綿棒をつかえば、カタツムリへのストレスも少しは軽くできるかと思われます。
以上はコナダニを想定してますので別の虫だったら当てはまらないところが多くなります。
コナダニ君だったら、ウスカワ君に直接悪さをすることはなさそうですし、人間にも直接の害を与えるものではないですが人の生活空間がえらいことに・・・(ぅぎゃぁぁぁ〜!!・・と、かなりのトラウマになります^^)

以上、よそ様のブログで長々と失礼いたしました。
↓ぁぃさん、ごめんなさい ブログ記事との関連はないのですが、お詫びの動画です^^
http://www.youtube.com/watch?v=D6CvPakc2s8&feature=related
Posted by 玉葱蓋 at 2011年07月27日 05:32
>玉葱蓋さん
お詫びの動画噴いたwww
この方もそうとう痒がっているようなので、対策が必要かもしれません(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月27日 21:19
 ぁぃさんたら〜
 うちの父(元気に後期高齢者突入中〜)と同じ感想とはwww
 (あれくらいだとステロイド入りの痒み止めがいるとか言ってたのですよ^^)
Posted by 玉葱蓋 at 2011年07月28日 21:04
>玉葱蓋さん
ちょw パパさんウケルwww
ステロイドを出してくるあたりが上品かつ高貴なわけで、恐れ入りました(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月28日 23:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。