2011年08月01日
ゴミが動けばクサカゲロウの幼虫

葉っぱの上になぜか不自然に置かれてあるゴミ。もしかしたら、そのゴミは昆虫の擬態かもしれません。
ということで、擬態するクサカゲロウの幼虫です。
このような擬態をする昆虫は他にも多くいますが、周囲との比較を考えないで行動するので案外見つけやすいもんです。

同じカゲロウのなかまでもあるウスバカゲロウの幼虫は、ご存知アリジゴク。そんなわけで、このクサカゲロウの幼虫もアリジゴクのような容姿をしており、昆虫をつかまえて体液を吸います。
大きさが大きさなので、つかまえる昆虫といってもせいぜいアブラムシ程度の大きさの昆虫になります。
クサカゲロウの成虫は、鮮やかな緑色をしたきれいな昆虫です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。いつも楽しく読ませていただいてます。

クサカゲロウってかっこいいですよね。
成虫より幼虫が好きです。
結構都会でも見かける気がします。
それと、気になったんですが前記事の新女王アリはアメイロケアリという新女王で、一時寄生種です。
トビケに寄生するので殺していたのは寄生のためです。

では、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by ムツギアリ at 2011年08月01日 02:31
>ムツギアリさん
はじめましてです(^O^)
アリの件ですが、なぬっ!と思っていろいろ調べたら、なるほど、そういうことだったのかと驚嘆しました。
該当記事中にも、その旨を追記しておきますね。
貴重なご指摘、マジ深く感謝しますーー!(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月01日 22:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る