2006年08月07日
丸々太るアサガオの種

伸びた背丈は2mを超え、花が咲くのも上のほうだけとなりました。
全体の下3分の2の部分には、写真のようなタネができています。
タネをつけると下を向くのはマルバアサガオの特徴でもあり、みんな折れ曲がったように下を向いています。

みんな丸々とタネを実らせ、いいタネができそうです。
自然に落下するのを待ってるとそのあたりで来年大発生するので、茶色くなったらタネの収穫に大忙しとなりそうです。

芽が出たって引っこ抜けばいいんじゃないか、そう思うでしょうが、昔から間引きという作業は苦手です。
小学館の図鑑にも「間引きは大切な作業です」などと書いてありますが、間引くんなら最初から間隔をおいて蒔けばいいんじゃないかと考えるほうで、今までも全部そうしてます。

せっかく水を吸って根を伸ばし、芽を出したかわいい緑の双葉を、混みいっているからと引っこ抜くのは苦手です。
ぼくはたとえ植物でも‘栽培’はしたくない。‘飼育’をしたい。
一個一個の生命の成長を見たい、そう思ってタネを蒔きました。
だから、こぼれたタネから出た芽でも、それを引っこ抜くのには抵抗があります。

育てられないんだったら蒔かなければいい。

日かげやコンクリートのふちにこぼれたタネから出た混みいった膨大な芽、このような芽を健康に育てる自信はありません。
だから、極力こぼれないようにこぼれる前に採取したいと思っています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。