2011年08月19日
パツラマイマイの環境変更

親と同居させていたパツラマイマイの赤ちゃんを、独立したケース内で飼育することにしました。ちなみに、容器はエンマコオロギの産卵床で使ったタッパーです。
半分を濡れたキッチンペーパーで覆い、今回の野菜はプロッコリーの茎を半分に割ってみました。撮影後にカットルボーンも入れています。


パツラマイマイの環境変更

飼育環境を変更した理由は、掃除のしやすさと観察のしやすさの向上です。なんせ小さいので、生きているかどうかも目視ではわかりません。ましてや、親と同居の場合はフンなのか赤ちゃんなのかも極めてわかりづらい状況になります。
また、指でつまめる大きさではないので、木炭洗浄やキッチンペーパー交換時には爪楊枝の先に粘着力を利用して付着させるようなことの繰り返しでした。
まあ、はっきり言って飼育の許容範囲を超えているような気もするので、もしかしたら放すかもしれません。ちなみに、大きさはカイミジンコとほぼ同じですw


パツラマイマイの環境変更

パツラの親の飼育環境も若干変更。木炭とカットルボーンを一新しました。こっちはブロッコリーの芯の輪切りです。


パツラマイマイの環境変更

キャベツと似た匂いがプンプンしているので、食べてくれるでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とっても繊細そうですね。わたしならすぐに☆にしてしまいそうです(-人-)
お母さんになったパツラちゃん。何だか今までとは違ったオーラが出ている様に見えました。(^ー^●)
Posted by ウス子 at 2011年08月19日 11:38
住人と住居の割合が半端ないですけど・・・。
それにしてもいいですね〜!
マジで一匹養子にほしいくらいです<(_ _)>
Posted by ドキンちゃん at 2011年08月19日 22:37
>ウス子さん
繊細どころか飼育無理無理w
小さすぎて何がどうなっているのか、さっぱりわかりません。
パツラ母は、ようやく自家受精に成功したわ!といったかんじでしょうな(^O^)

>ドキンちゃん
そこなんですよ。この容器に変える前まではもっと広かったので、えさにたどりつけないんじゃないかと心配だったのも、容器を変えた理由です。
パツラ母のほうはけっこう動くので、これぐらいでいいかんじです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月19日 23:57
産まれてますね〜!!!
チッサ! o(*^▽^*)o
沖縄マイマイも孵化しましたが、もっともっと小っちゃいねェ!!!
お母さんがこんなに小さいものね(*^_^*)

餌に菜っ葉類は、交換が難しすぎて入れられませんね。

上には上があるもんです(^^;)
おみそれしました<m(__)m> って、今更ですが(^^ゞ
Posted by tumu☆mama at 2011年08月20日 17:36
>tumu☆mamaさん
そうそうw アオモリマイマイでも産まれたてはキャベツはかなり注意しなければならないのですが、パツラの場合は限りなく平面状のものでないと見分けができなくなりそうです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月20日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る