2011年08月18日
アオモリマイマイの赤ちゃん

殻の直径5mm、体を伸ばすと1cm、今日も元気なアオモリマイマイの赤ちゃんです。


アオモリマイマイの赤ちゃん

エアコンをつけた部屋では空気が乾燥しがちになり、ケース内の壁やふたにくっついて動かなくなることがよくあったので、湿らせた木炭を一新&追加しました。
体が小さいので、体内に保持できる水分量も多くありません。乾燥状態が長く続くと、膜を張って耐えるのにも限度があります。


アオモリマイマイの赤ちゃん

戦艦のプラモデルで機銃を指先だけで接着できる器用さを持つ人だと、なんとかつまめる大きさです。
出ている体に殻を押しつけないようにそっとつまみ、体が極度に引っ張られないようにケースからじわじわ離す。これ、けっこう大変なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かたつむりをプラスチックから引きはがすには、竹串を使うと良いです!
孵化したての赤ちゃんは、目の前に串の先端を置いて、自発的に串の先端に乗るよう誘導します。
そこそこ大きい奴は、串の先端をかたつむりの正面から突っ込んで引きはがします。喩えて言うなら、牡蠣を岩から引きはがすみたいな感じでしょうか。
ちょっとやってみれば、すぐコツをつかめますよ。
これでもう、カタツムリの10匹や20匹、水槽の移し替えは楽勝です。
Posted by Take at 2011年08月19日 22:32
>Takeさん
おお、そういえばいつかもそんな事を書いてくれた人がいたような。
時間がある時はぜひやりたいと思います。時間が無い時はひきはがしますw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月20日 00:00
あれ、もしかして同じこと2度書きましたか!汗
Posted by Take at 2011年08月20日 16:17
>Takeさん
正直に言いますが、前に書いてくれた人がいたのは事実なのですが、誰だったかが記憶にないのであります(^-^;)
もしかしたらTakeさんかもしれませんし、別の人だったかもしれません。
せっかく教えてくれたのに誰だったか覚えていないのが申し訳なくて、もしTakeさんだったらごめんなさいな次第(-_-)/
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月20日 22:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る