2011年08月25日
葉大根、再び

スジグロシロチョウの幼虫もすっかり姿を消し、サナギになるために旅立ったようです。
それまでボロボロになるまで食べられていた葉大根も、ようやくまた葉っぱを伸ばし始めました。
伸びてきた葉っぱは薄くて柔らかいので、カタツムリの赤ちゃんにでもあげたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | サラダ菜・葉大根〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
え?
ぁぃ♂さん、蛹になるのとか観察してアップされるのかと期待してましたのに〜!
Posted by ☆けめ at 2011年08月25日 19:42
>☆けめさん
いえいえ、葉大根栽培の最初にも書いたように、幼虫観察についてはほぼ放置状態にしますということだったので、いつの間にかいなくなった次第w
まあ、蛹化を見るには閉ざされた空間でないと厳しいので、そうなれば飼うしかないわけです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月25日 22:57
あぁ、そう言えば〜(;´Д`)
確かに、ある程度は保護出来てるとしても、観察小屋の狭い空間で可哀相だよな…と思う事もあるのです@アゲハ
ぁぃ♂さんとこからも無事に飛び立っている事を信じてます!
Posted by ☆けめ at 2011年08月26日 12:31
>☆けめさん
いえいえ、観察小屋があればその中にプランターごと移して観察可能なのですが、小屋を置く場所がありませんw
屋外で作れるのが、せいぜいアサガオのネット張りぐらいだという現実が寂しいです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年08月27日 00:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る