2006年08月20日
ミニトマト

家の庭で育つミニトマト。簡単に育つ野菜です。
別に気取ったサラダなんかを作らなくても、一口ぽーんと口に入れるだけで味わえるところが好きです。
しかも、売っているのよりも酸っぱく、皮も厚め。
でもそこがいいのです。たくましく育った野菜をたくましく食べるのもまた、家庭菜園の楽しみかもしれません。

このトマト系を植えると、必ず現れるのがニジュウヤホシテントウ。
放っておくと、葉っぱを全部網目状にされてしまいます。

ニジュウヤホシテントウ

他のテントウムシのようにアブラムシを食べず、菜食主義なのはわかりますが、少し食欲が旺盛すぎです。

ところで、テントウムシの“テントウ”という意味を知っていますか?
点が10個あるからテントウじゃありません。
テントウムシは漢字で「天道虫」と書きます。「天道」は「お天道さま(太陽)」のことで、太陽に向かうように高いところへ登ることから、天道虫と名づけられました。
何気ない名前にも、こうしてメルヘンが紛れ込んでいることがあります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。