2006年08月23日
甘夏の葉っぱもかなり食ったなぁ・・・と思いつつ、よく見たら・・・

アゲハ5齢幼虫キタ━(゚∀゚)━!

おお、なんか緑色のヤツがいる!きた、きました、とうとうきた!
いつのまにか、最終型幼虫と呼ばれる5齢幼虫になっていました。
今までは黒っぽい幼虫だったのですが、一気に緑色のイモムシです。

アゲハ5齢幼虫キタ━(゚∀゚)━!

図鑑で見たあの幼虫が、今目の前に・・・。正直感動しました。
かわいい左側の3本の脚もはっきり写っています。
この脚では歩きませんが、何かにしがみつくときに使います。また、成虫になるときの脚の原型は、この脚です。
いやはや、キモカワイイ・・・w

アゲハ5齢幼虫キタ━(゚∀゚)━!

頭部のアップです。
よく頭部に間違えられる部分は胸部、目玉に間違えられるのは模様です。
トンボの顔のようなところが頭部になります。また、目玉は黒い点のようなものが4個見えていますが、これです。
4個しか見えていませんが、本当は6個あり、左右で12個あります。
これは単眼と呼ばれ、紫外線や明暗ぐらいしか察知しません。
この写真撮影時は食事中だったので頭を持ち上げていますが、普段は2枚目の写真のように胸部の下にもぐりこませ、あたかも胸部が頭のように見せかけ、模様を目玉のように見せかけています。
天敵は鳥。鳥が怖がるもの、つまりヘビに見せかけています。
しかし、実際にはあまり効果はないようで、鳥は平気で食べていくようです。

アゲハ5齢幼虫キタ━(゚∀゚)━!

こちらは4齢幼虫ですが、かなり緑がかっているのがわかるでしょうか。まもなく黒い皮の中から緑色の5齢幼虫が出てくると思われます。脱皮直前の4齢幼虫です。

アゲハ5齢幼虫キタ━(゚∀゚)━!

こちらは、まだまだ4齢です。先ほどの写真と見比べれば、色の違いがはっきりわかります。

アゲハ5齢幼虫キタ━(゚∀゚)━!

お友達のほうも大きくなっていました。
眼下に見える変身したお友達を見て、びっくりしているのかもしれません。


以上、3匹が5齢になり、1匹が5齢寸前、1匹が4齢といった状況です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(10) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おお、緑になってますかもう。
心配なのは寄生バチにやられてないか、と
いつどこで蛹になるかですね。
意外と結構離れた場所へ移動することもありますよ。
木から数メートル離れた塀とかで蛹を見つけるのはザラで、
2階のベランダで見つけたこともあります。
ほら、さっさと臭角出しにチャレンジしるw!
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年08月25日 23:44
現在、4匹5齢で1匹5齢直前といったかんじ。
葉っぱ全部食いきっちゃって、会社の甘夏持ってくる所存。すげー食う!やばいっすw
臭角、やってみたけど、さわってもゆすっても出してくれないやさしいヤツなんです(´・ω・`)
Posted by ぁぃ♂ at 2006年08月26日 11:52
昔のコメント入るとこわかりました!(^^;

うちの子と同じですね。慣れてるから角出さないですね。
アゲハの幼虫、蝶になり無事に飛び立っていく年は感動して、翌年また飼育したんですけど、その時は中から小さな黒い蜂が沢山出てきやめたのです・・・
ホント怖いしショックでしたよ。
Posted by ぱってぃー at 2009年06月30日 18:43
>ぱってぃーさん
羽化後の旅立ち、あれは人生の中でおそらく数回程度しかないレベルの感動だったと思います。
おかげさまで、アゲハの飼育はすっかりいやになりましたw
幼虫飼育は寄生虫と遭遇する場面が多いようですね。
自分は運がよく、寄生虫は現れませんでした。
でも次に飼ったら、今度は寄生虫と出くわすでしょうw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月30日 23:40
ナミアゲハの5齢幼虫、つまり緑の芋虫になった時が大好きです。
緑色の絵の具のチューブのようで、さわるとフニュフニュしていて、とっても癒されます。

とはいえ、触ると発育に支障を来すので、触ってはいけないのですが、かわいすぎてついつい触ってしまいます。
そのせいで奇形になったアゲハもいたと思います。
いえ、いました。反省しています。

去年の夏、初めて、キアゲハの幼虫を近所の奥さんにもらいました。

ぁぃさんは、育てたことありますか。

最初見た時、あまりのグロテスクな色に完全に引いてしまいました。

でも、育てているととってもおもしろい幼虫であることがわかりました。
成虫は、ナミアゲハとほとんど同じに見えるのに、幼虫の時は、体の色も違うし、性格もすごく違いますね。
ナミアゲハよりも動きがあるので、とってもおもしろいです。気が強いところもおもしろいです。

で、ぁぃさんにお願いがあります。
それは、「今年はキアゲハの飼育をやってほしい」ということです。

ぁぃさんのプロ級の写真の腕前で、キアゲハの写真をアップしていただけだら、とても癒されると思います。
この頃、老眼が進んで、昆虫を見るときには虫眼鏡を使っています。でも、よく見えません。(ToT)

是非、キアゲハやってほしいな・・・。

Posted by 野菜作り初心者 at 2011年05月14日 23:51
>野菜作り初心者さん
ニンジンを植えた時にキアゲハ来ないかなぁと正直思っていましたが、結局来なくて飼育はできませんでした。
キアゲハの飼育ですかーw
ナミアゲハの飼育の時に、羽化の別れで軽く鬱になったのでチョウ系の飼育はきびしいですよーw
チョウの一生はドラマティックすぎ(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年05月15日 00:25
いつもお返事ありがとうございます。m(^o^)m
多くのお返事を書いておられ忙しいでしょうから、とてもありがたく、心より感謝しております。

「キアゲハ飼育」のぶしつけなお願いしてしまい、申し訳ありませんでした。
とても素晴らしい観察日記を書かれるので、キアゲハもして頂けたら、完璧癒される!!!・・・
と思った次第です。
本当に素晴らしい観察日記だと思います。
どこが素晴らしいのかは、長くなりますので詳しくはまたの機会に(^o^)/。

友達の庭にもフェンネル(私はフェンネルを食べさせるのが好きです。セリ科にくるんですよね?)があるのに、キアゲハは来ないと言ってました。

友達の家は街中なので、街中には来ないのでは?

そんなことより、
自分勝手なお願いでした。m(_ _)m
気を悪くされないで下さいね。

でも、(しつこい(^_^;)・・・)
ご存じだとは思いますが、キアゲハの幼虫ってナミアゲハと違って、とってもおもしろいです。
移動させようと思って持ったら、私の指をエビぞりして頭でパンチしてきたり、
葉っぱの上でキアゲハ同士が出合ったらケンカし出したりします。

とはいえ、蛹から孵った時に、奇形だったら私のせい!?って自責の念にかられます。
奇形で飛べなくて室内で飼う時は辛いですね。

私は、飛び立たせる時が一番好きです。

なので、自由に飛んで好きな所にも行けないのに、生き長らえさせていて、本当にいいのだろうかと悩みます。
他の蝶がヒラヒラと飛んでいるのを見ると、いたたまれなくなります。

ぁぃさんは、いろいろな生き物を飼育されていますが、別れの時はどうされているんですか?
気持ちの持ち方とか・・・。

長くなってすみませんでした。








Posted by 野菜作り初心者 at 2011年05月15日 13:20
>野菜作り初心者さん
いえいえ、レスするのも楽しみの一つなので、こうやっている時間が楽しいのでありますよー(^O^)/
街中に来る来ないの判定ですが、単位面積当たりの野原や花壇の割合がポイントかもしれません。
庭が無い住宅ばかり密集したところでは、難しいかもしれません。逆に庭付きの住宅や公園の花壇があれば、近くまでは来ているかもしれません。
飼育している生き物の別れの時ですが、寿命なら淡白に捕えます。悲しみが深すぎると次の飼育ができなくなります。これのいい例がナミアゲハの旅立ちなのですがw
飼育していた生き物が卵を産んだら、その卵を孵そうとするのも飼育なので、別れではないのかもしれません。または、バランスを崩さない範囲で卵を自然に返したりします。
飼育は個体の一生を世話するというよりは、子孫継続のある一部分を観察して手助けをするものと考えています。
でも昆虫だからこういうことも言えるのですが、犬とか猫とか鳥なら割り切れない部分も多くなるかもしれませんねー。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年05月16日 00:58
”別れ”についてありがとうございました。

なるほど、男の人の感性かな?と思ってしまいました。
特に「子孫継続の・・・」ところとかです。
でも確かに、生物の一生を考えるならば、その視点をはずしては考えられないですね。

今までに、幼虫や飛べないチョウを飼いましたが、
私の中では、飼っているというより、私にお付き合いしてもらっているという感覚でした。

自然に生きていた昆虫の生に、自分の勝手で踏み込んでしまった・・・のような感じです。
まあそんなことを言い出したら、人間なんて他の生物に影響与えまくっていますが(;o;)。

今年ももうすぐ幼虫の季節です。

今回、ぁぃさんに新たな視点を教えてもらいました。
今年は新たな視点を持ちつつ、昆虫を迎えられたらいいなと思います。

でもぉ〜、やっぱりペット化してしまいそう・・・(^o^;)
Posted by ニンジン(元野菜作り初心者) at 2011年05月18日 22:05
>ニンジンさん
飼育にはルールは無いと思うので、人それぞれの付き合い方で接するのがいいと思います。
指針は子孫継続、表現方法はペット、それでいいと思いますw
死にそうな生き物を助けたりするのも、環境破壊に無関係ならどんどんやってもいいでしょう。守るべきことはただ一つ、秩序です(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年05月19日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る