2011年09月27日
エンマコオロギの最終分家を実施

飼育中のエンマコオロギを、飼育ケースから全部出しました。数えたら37匹でした。
200匹以上孵化したエンマコオロギでしたが、何回かに分けて家の庭や会社の庭に分家させてきました。羽化する個体も出てきたのでここで最後の分家を行います。
飼育対象数は10匹。あとは全数を家の庭に放します。
飼育面積当たりの飼育数を適度にしないと、けんかしてかじり合ったりして傷負いの個体が増えてしまいます。できるだけ健康な個体同士が交尾して健康な卵を産むためには、適度な飼育数というのも考えなくてはなりません。
話は変わりますが、この写真を良く見るとメスがかなり多いです。自然な比率なのかどうかは不明です。


エンマコオロギの最終分家を実施

多くの個体を羽化寸前まで飼っていたので、フンの量が想定以上に増えてしまいました。
せっかくなので、交換できるものは交換します。


エンマコオロギの最終分家を実施

交換後の新規セッティング。木炭とバークチップと砂を交換しました。砂にはヤシ殻活性炭を混ぜています。
初期のセッティングと比べ、大きな個体が隠れやすいように各部変更しました。


エンマコオロギの最終分家を実施

右半分の写真。木炭が凸凹になるように置いてみました。
飼育個体数は、オス5匹メス5匹の計10匹。ケンカで深い傷を負ったり事故発生などで、オス2匹メス1匹ぐらいまでの死亡は想定範囲としています。


エンマコオロギの最終分家を実施

こんなかんじです。隙間が隠れ場所になることを想定しています。
正面から見ていちばん手前になる木炭上部は、わざと平らにしてみました。去年飼育していた時、よく高台のような場所に上がって鳴いていたので、今年はここをステージにしてもらいます。


エンマコオロギの最終分家を実施

左半分の写真。2個のバークチップを木炭に立てかけて、隠れるトンネルを作りました。残りの2個は寝かせています。こちらの木炭もステージを意識しています。
木炭の前が大きく空いていますが、交尾しはじめたらここに産卵床を置く予定です。


エンマコオロギの最終分家を実施

分家させる個体。自然界でたくましく生き抜いてほしいので、最後の晩餐ではありませんが大好物の枝豆をあげました。
家の庭にエンマコオロギの鳴き声が響き、うまく繁殖して来年の秋も鳴き声を聴ければいいなと思っている次第。
その前に、今年の秋に鳴き声が聴けるかどうかは、これからになりますが。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新配置大分変えましたね
ウチは去年のぁぃさんの配置参考なので
インテリアバーグが多いです
エンマコオロギって実はメスの方がつかまえやすい
ですよね。トラップにもメスが良くひっかかります
オスは鳴く分外敵から逃げるすべを熟知しているのかと
ウチは20匹ほど飼育しています
ついつい捕まえやすいので数が増えていきますw
Posted by いか at 2011年10月17日 23:29
>いかさん
去年の飼育ではインテリアバークをかなり使って隠れ場所を存分に作りましたが、その分表に出てくる個体の数が少なくなって観察は不十分になってしまいました。
今年は観察度を上げるために、あえて隠れる場所を減らした次第。コオロギさんごめんなさいw
自然界でのオスの捕獲は難しいですね。すばしっこくてだめですw
20匹ということは、交尾しての産卵も十分可能ですねー。卵をうまく管理すると、来年は何百匹と孵化しますよw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年10月18日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る