2011年10月06日
マユコバチのマユ

スジグロシロチョウの幼虫が育っていた葉大根のプランターから約1mのところ。マユコバチのマユがありました。すでに抜け出したあとのようです。
このマユの上に乗っていたと思われるスジグロシロチョウの幼虫の姿はありません。
植物は光合成をして自分で養分を作り出せますが、他の生き物はどこかで自分以外の生き物から栄養を摂らなければ生きていけません。生き物によっては、それが葉っぱであったり蜜であったり肉であったり血液であったりします。
今回の場合は、マユコバチの幼虫の生命の維持のために、スジグロシロチョウの幼虫の体液が必要だったということになります。ヒトの感性では不快な出来事ですが、極めて正常な生命維持行動のひとつであることは否定できません。でも、気持ち悪いですなw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。