2006年08月28日
アゲハ飼育の環境大変化

どでかい飼育ケースを購入し、その中に移しました。
えさ用に、2000円もするゆずの鉢木を買ってきたのですが、どうやら庭にサンショウの木があったらしく、早く言ってよ…というかんじですw

とりあえずサンショウの葉を枝ごとあげました。最初はとまどっていましたが、すぐに食べ始め、なんとかなりそうです。
せっかく買ってきたゆずの木、一枝だけ取っていっしょにあげたら、そっちもバリバリ音をたてて食べていました。

アゲハ飼育の環境大変化

下のほうの丸っぽい葉っぱがゆず、上のほうの細長い葉っぱがサンショウです。
このサンショウの葉っぱの匂いが強烈で、飼育ケースを置いている部屋の匂いがすごい状態になっています。カゴのようなものは、ここでサナギになってくれればいいなと置いてみました。

5齢になってからも幼虫はすくすく育ち、今では4cmぐらいあります。
1匹だけ4齢だった幼虫も、今では5齢になっています。

ところで1枚目の写真、下に敷いているティッシュに黄色い大きなシミができています。そうです。いわゆる‘下痢便’です。
幼虫はサナギになる直前に、このような下痢便をします。体の中にある食べたものを一気に全部出します。消化器官まで出しきると言われています。
葉っぱを食べて消化するのはこれで終わり。次からは花の蜜を吸うので、消化器官さえいらなくなるのです。

まもなく5匹のうちの1匹がサナギになるようです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アゲハ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。