2011年11月05日
前蛹になったルリタテハの幼虫

ルリタテハの幼虫で、丸くなっている個体を発見しました。


前蛹になったルリタテハの幼虫

幼虫がサナギになる前に、食べるのをやめて動かなくなり、体を枝に固定します。この段階を前蛹といいます。アゲハなどは頭を上向きにして固定しますが、ルリタテハは下向きに固定します。
このまま動かなくなった幼虫の体の中では、サナギの体がどんどんできていきます。この段階では腸などの消化器官は全て排泄済で、サナギ、つまりは成虫の体を作る組織が活動を始めている状況になります。
どろどろの液体で羽根や脚や腹や頭をゼロから作っていくわけで、よく考えるとこれはとんでもない高等技術です。しかも羽根などは折りたたんだ状態を作ることになるので、もう人間の思考の域を超えるレベルです。
そんなわけで、昆虫にはつくづく敬意を表さざるをえませんな次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(2) | ルリタテハ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよサナギになったんですね(;o;)。寂しく感じます。
「どろどろの液体で羽根や脚や腹や頭をゼロから作っていく」とのこと、確かに想像や思考の域を超えていますね。
でも、きっと何か法則性はあるのでしょうね。
サナギの中の変化を様子を捉えた資料や写真などはあるのでしょうか。
Posted by ニンジン at 2011年11月05日 09:08
>ニンジンさん
こら、サナギの前の前蛹になったのであります。
サナギになるのは、これからですw
サナギの変化うんぬんですが、サナギの一部が欠損したとき、どのような姿の成虫になるかの実験資料をネットで見たことがあります。
いくつかのケースが書いてあり、なるほどなと思いました。
しかし、どこのサイトだったか全く記憶にございません(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年11月06日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る