2006年09月07日
写真館-オオアオイトトンボ

窓から部屋に迷い込んだオオアオイトトンボ。
もしかすると、アオイトトンボのほうかもしれません。

光沢のある青や緑がきれいで、なかなかのイケメンです。
羽根が短いように感じますが、しっぽが長いのでそのように見える錯覚です。

トンボは昆虫の中でもはるか昔から生きている種族で、そういう意味ではあまり極端な進化をしなかったグループになります。
逆に言うと、完成度の高い生物ということが言えるのかもしれません。

撮影のあと、そっとつかまえて外のアサガオの葉っぱに逃がしてあげました。
しばらくはじっとしていましたが、ふと見たらいつのまにかいなくなっていました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美しいです。
昆虫はいずれも完成された機能美を持っています。
思わず見とれてしまいます(* ̄。 ̄*)ウットリ

なかでも、イトトンボは繊細でお気に入りです。

ああ、ヤゴの住める池がほしいです〜
ホシィッ☆O(> <)o☆o(> <)O☆ホシィッ
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年09月07日 22:43
ヤゴの住める池(・∀・)イイ!!
生き物の卵が成虫になるまでの環境が身近にあれば、すごく和むような気がします。
地球っていう星で、いっしょに生きているってかんじ。
野原、池、クヌギの木、沢。
夢だなぁ〜(´・ω・`)
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月07日 23:36
先週ちょっと標高の高い場所へ行ったら
赤とんぼが沢山飛んでて、秋の気配を感じますた。

自分はアキアカネとシオカラトンボ、オニヤンマ位しか区別がつきませんがw。

ヤゴで思い出したんだけど、
蛹にならない不完全変態ってトンボ・バッタ・カマキリ、セミ…。
んー、不完全な変態って言葉の響きも不思議だ。
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年09月08日 20:39
赤はアキ、白はシオカラ、緑に黄色に黒はオニ。
けっこうわかりやすいですよね。
夏よりも秋のほうがいろいろなトンボを見るような気がします。

ニョロニョロイモムシ→ゴツゴツサナギ→ギザギザ成虫・・・とはっきりしないので、不完全なんでしょうねー。
スズムシの孵化のとき、地中から地上に出てくるまでは、薄い膜に包まれています。地上に出ると膜を破り、歩き始めます。
この状態がなんとなくサナギに似ているので、どこかで短い時間だけそれらしい姿をしているのかもしれません。
昆虫、まだまだ不思議いっぱいでワクワク(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月08日 21:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。