2006年09月13日
スズムシが弱ってきました

あわびの貝がらの上に置かれたニボシを食べる、メスのスズムシです。
奥のほうでは、オスがちょうど鳴いているところです。

成虫からの飼育を始めて、そろそろ2ヶ月が経とうとしています。
気温も低くなり、衰えというものを日増しに感じるようになりました。

オスの鳴き声の勢いはピーク時の8割ぐらいになり、メスの動きの敏捷さも少しなくなってきました。
食欲はまだあるようで、ナスやリンゴ、ニボシや砂糖水を相変わらずよく食べています。

スズムシが弱ってきました

こちらは、1匹だけ間違って孵化したチビスズムシくん。
元気な姿を確認できました。
なんせ小さいので、さがしてもみつからない場合があり、気になること日常茶飯事な状況。2mmぐらいの体長です。

このチビくん、このままなんとか冬の間も成長させたいなと思っています。
なるべく温度が下がらない環境をどう作ろうかと考えている次第。
うまくいくかは、まだわかりません。
ただ、寒くなるから死んで当然という気にはどうしてもなれないのです。
たとえ人工的な環境になろうとも、寿命まで生きてほしいなと思います。

そうは思っていても、明日見たら死んでるかもしれない・・・
そんな思いが横切るほどの、小さな小さな命です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちっこくても、触覚は立派ですなぁ〜
子育て、頑張って下さい^^
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年09月13日 22:53
成虫と同じように触角を口でそうじしたりして、もはや大人の雰囲気。
跳力がすごくて、跳びはねていますw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月13日 23:41
ちっちゃっくってカワイイです(ノ^▽^)ノ〜〜〜

お正月を迎えることができるでしょうか?

お世話が大変でしょうが、かわいがってあげてくださいね(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年09月14日 00:25
卵にも命、幼虫にも命。
まもなく成虫たちは寿命を迎え、★になるでしょう。
人間のもとで生きていく術を、成虫が幼虫に今教えているんだと思いたいです。
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月14日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。