2011年12月10日
お年寄りのエンマコオロギ

若いころはゴキブリのように走り回っていたエンマコオロギも、今では木炭の遠赤外線で温まる日々を送っています。


お年寄りのエンマコオロギ

羽根を動かして鳴いても音が出ないオスの個体。何百回何千回と鳴いたオスの羽根は、ボロボロになってしまいました。


お年寄りのエンマコオロギ

ケース越しでなくても、ここまで寄れるようになりました。キャベツ交換のときは触覚で指をさぐるしぐさもあったりで、いよいよ完全に馴れの領域に入っています。
ただ、この領域に入るのはかなりのご老体になってからというのが寂しいところでもあります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | エンマコオロギ〜2011年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかく触れ合えるようになったのに、もうすぐお別れなんでしょうか(寂)
触覚で触るのは「いつもこの人の匂いがしてるよなぁ。そうか、君とは友達なんだ。そうなんだろ?」
あ…涙出てきそう
Posted by ☆けめ at 2011年12月10日 20:47
>☆けめさん
いつ気付いたのかは忘れましたが、虫は逃げるばかりじゃないんだなということです。
少し離れてこっちを観察していたり、興味津々に匂いを嗅いだり、けっこう友好的な面もあるんだなと知ったころは、すでに昆虫飼育に夢中になっていました。
キャベツを交換するときは近くでじっとしているので、たぶんキャベツの人だぐらいは思っているのかもしれませんw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年12月11日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。