2006年09月19日
本日、2匹目のスズムシのメスが★になりました。
触角も折れてなく、脚も折れてなく、眠っているようでした。
おなかもすっかり小さくなり、卵を全部産み終えたようです。

メスは産卵の栄養を摂るためにオスを食べるとよく聞きますが、最初のメスも今回のメスもオスを食べませんでした。
ニボシを与えていたのもあるかと思いますが、それでもオスを食べるそうです。
穏やかなメスが産んだ卵からは、穏やかな子供たちが孵化することでしょう。

メスが★になってからというもの、オスが鳴かなくなりました。
もうメスを呼んでも来ないからです。ひとりになったからです。
がむしゃらにナスを食いちぎるオスの姿が、なんだか悲しく見えました。

オスはチビスズムシに気づいてるかな。
チビスズムシはオスに気づいてるかな。
えさは毎日替えてやる。
長生きしろ。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
涼しくなってきました。
庭の虫たちの声も、力強さが感じられません…

植物も、そろそろ冬越しの準備です。

キリギリスはスルーされたみたいです…
隣のカラオケ屋の駐車場のほうから、鳴き声が聞こえています(ヘ;_ _)ヘ ガクッ

Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年09月19日 22:12
こっちは、夜の早い時間帯はヤブキリ系、遅い時間帯はコオロギが鳴いています。
コオロギの声って、近くで聞くよりも遠くから聞こえてくるほうが好き。
虫の声も今だけです。日本の秋を楽しみましょう(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月20日 00:33
スズムシが皆無事に天命をまっとうしたようで
何よりです。こちらでは原因不明の理由で
寿命でなく危篤状態になりました
全6匹中3匹です。全てメスだけです。
口と腹から体液や体内物が出てきているので苦しそうです。もう少し待てば仲間のオスがたくさん来て
にぎやかになるところだったのに残念です
もし原因がわかるようでしたら教えてください
同時に飼っているエンマや他のコオロギには異常ありませんでした。
Posted by いか at 2011年09月18日 10:24
>いかさん
何らかの食中毒ではないでしょうか。
一般に生命体は毒を体外に排出する本能というか体質なので、入口と出口から排出中なのだと思います。
スズムシだけ症状があるということですが、食中毒の原因が特にスズムシが好む食べ物にあったか、スズムシが耐力に乏しかったのかもしれません。
また、他生物に由来する物質も候補です。たとえばコオロギのフンとかです。
以上、すべて想像ですので確定ではありません。
Posted by ぁぃ♂ at 2011年09月19日 00:46
感受性の強い時期に草野心平が大好きでした。
(さむいね ああさむいね 虫が鳴いてるね ……のとこです)
たぶん、草野心平が好きという、自分に酔っていた時代だったかも
なんか、その時の。心のキュンとした感じを思い出しました。
Posted by はらペコぁぃ at 2011年09月19日 22:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。