2006年09月25日
写真館-アブラムシを食べるヒラタアブの幼虫

いきなりグロですみません。
前にブログに書いたセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシが群生しているど真ん中に、何やら半透明の幼虫が6〜7匹たむろしていました。
ヒラタアブの幼虫です。
別の幼虫を見ていたら、いきなりアブラムシを捕らえました。

写真館-アブラムシを食べるヒラタアブの幼虫

体の下半分にある腹足で茎にしがみつき、頭を右へ左へ動かしてアブラムシを見つけると吸い付きます。
みるみるうちに、しぼんでオレンジ色になっていくアブラムシ。
そのまま体液を吸った幼虫のまわりには、体液を全部吸い取られたアブラムシの体が、まるで脱皮した抜け殻のようにくっついています。
幼虫の体はトゲトゲしたような形で、1cmぐらいの大きさです。

写真館-アブラムシを食べるヒラタアブの幼虫

アブラムシに吸い付いた幼虫は、まるで雄叫びをあげるかのごとく体を持ち上げます。
吸引力を強めるための、何らかの運動なのかもしれません。

近くでは何事も無かったように群生するアブラムシ、しかし次々と食べられていきます。
アブラムシは害虫として認知されていますが、ヒラタアブの幼虫かテントウムシの幼虫がいれば、けっこう食べてくれそうです。
10分ぐらい見ているうちに、すでに3匹は食べました。
現に、ヒラタアブの幼虫は、益虫として認知されています。

プリプリに太ったアブラムシ、体の中にはきっと甘い汁もあるのでしょう。
幼虫になった気分でアブラムシを見ていると、一瞬アブラムシが妙においしそうに見えたのでしたw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
頭と腹が逆に見えますな…w。

先ほど5歳の姪っ子(正確にはその母親)から写メールが届きました。
そこには見事なショウリョウバッタとイナゴが写っていて、
「どうやって飼ったらいいの?」とのこと。
今のところ、100円の虫かごに入れてるだけ…。
すぐに逃がしてあげなさい、と言いいたいところだけど
観察の絵を描くのに夢中なのと、食べてるところが見たいそうな。
むむむ、困ったなぁ。
とりあえず、庭の草とキュウリと茄子をカゴに入れて
明日の朝、幼稚園の庭で逃がすよう説得しました。
これで良かったのかなぁ…?

ちなみに姪っ子は‘たまごっち‘を3個飼っておりますw。
今のたまごっちは成長するにつれて、学校に入って就職してお見合いして結婚して子供生んで…とまぁ大変です、ついていけません orz。
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年09月25日 20:19
ヒラタアブの幼虫は確かに益虫ですが…
生ゴミ堆肥のオジャマ虫です。

これを巨大なウジと思って、生ゴミ堆肥をあきらめる主婦の方が多いんですよ。
ケロも、最初見たときはギョっとしました。

今は、コーヒーがらのおかげでシャットアウトできてます。v(・_・) ブイッ



Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年09月26日 00:21
>名無しさん
そうそう、とがって細いほうが頭で太いほうが尾のほうです。
アゲハなどの幼虫とは違い、頭イコール口になります。
ハチ・ハエ・アブ系は、だいたいこんなかんじです。
姪っ子さんへの指示、それでいいと思います。
イネ科の葉っぱがいいのですが、さがすのも大変です。そんなときは、とりあえずキュウリです。あとリンゴでしょうか。ナスもいいです。
水分さえ摂ってくれれば、半月ぐらいは生きます。

観察の絵を描く・・・、これ大事です。
絵を描くときは長時間見ることになりますので、かなり教養になります。
わくわくどきどきの感性は、幼いころにしか養えないのかもしれません。今です、今。飽きるまで観察させてあげましょう。
飽きたら、たまごっちの婿でも探してやってくださいw

>ケロさん
というか、これ、ウジですw
動き方もそのものです。ハチやハエ系ですから、子はどれもほぼ同じです。
住む環境が違いますからこうやって写真を撮れますが、ハエの幼虫はさすがに撮りたくありませんw

でもヒラタアブの幼虫はアブラムシしか食べないので、堆肥のところにいるのは別の昆虫の幼虫だと思います。同じようにトゲトゲした半透明の幼虫も他にいますので、たぶんそっちです。
いずれにしても堆肥でウネウネ、これはたまらんですw
コーヒーがら、けっこういいらしいですね。人畜無害なのがいいです。しまいには肥料にもなりますし。たまに灰皿に入れて消臭剤にもしたりします。
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月26日 20:35
赤いパプリカが、黄色いパプリカに。
酷い。

そういえば、アリジゴクもアリの体液だけを抜いて、ポイって捨てるらしいですけど。

あれも、酷い。



Posted by シンペイ at 2011年04月25日 20:39
>シンペイさん
まさに赤いジュースを吸い取って大喜びする幼虫なわけですが、アリジゴクもそうですねーw
人間に例えるなら、バナナやブドウを食べるようなもんでしょうか(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2011年04月27日 00:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る