2006年09月27日
メスが★になって以来ぴたっと鳴くのをやめたオス、最近は土の上で過ごすようになっていたのですが、本日★になりました。

また、チビスズムシの姿が見えません。いくらさがしてもいませんでした。
土の埋もれて★になったのか、それともまぼろしだったのか。
木の台やえさを取り除くときにも注意して見たのですが、いませんでした。
オスの分身だったのか、それとも影だったのか。不思議です。

オスは、触角も折れておらず、しっかりとした姿で★になっていました。
飼育を始めて2ヶ月、夏の暑い日から秋雨の降る今の季節までよく鳴いてくれました。
しかし、外ではもはや虫の声はコオロギが少しだけ聞こえるばかり。
秋もそろそろ終わろうとしています。

自然の地面の中には虫の卵がいっぱいあることでしょう。
飼育ケースの土の中にも、スズムシの卵がいっぱいあります。
時折霧吹きをしつつ、春を待とうと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(4) | TrackBack(0) | スズムシ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
群馬も、虫の鳴き声はか細くなってきました。
ずいぶんと寂しくなりました。

キリギリスの鳴き声も聞こえないですね。

また、来年も楽しませてほしいものです。
スズムシ君たちに合掌…
(人-)謝謝(-人)謝謝
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年09月27日 23:47
バッタ系の鳴き声が全くしなくなりました。
ほんと、コオロギだけです。
それも1匹か2匹だけ。
今年鳴いた虫の子どもたちが来年の春に孵化し、また秋になれば鳴き始めます。
秀吉がいた時代から、いや、もっと前の時代から。
だってここは昆虫の星ですからw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月28日 00:28
ナムナムチーン♪
来春の鈴虫編再開を楽しみにしています。
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年09月28日 22:59
霧吹きして、暖房の効かない部屋に置いときます。
来年になって暖かくなるころには、孵化を期待。
来年はコオロギも飼いたいと思っております。
Posted by ぁぃ♂ at 2006年09月29日 01:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る