2006年10月03日
写真館-ヒメジョオンとヒラタアブのなかま

もうすっかり秋らしくなってきましたが、この時季はコスモスとヒメジョオンがよく咲いています。

そこにヒラタアブのなかまが、蜜を吸いにやってきました。
空中で静止する独特の飛び方なので、すぐわかります。
半透明のべっ甲のような腹やかっ色の羽根が、すごくきれいです。
口を伸ばし、ひとつひとつの花を舐めていました。

このヒメジョオンはヒマワリのような花で、黄色いところに小さい花が集まっている姿をしています。
いわゆる、花の形をした花の集合体のようなものです。

それにしても見事なバランスと色の体、もう少し大きければ、このまま置き物にしておきたい気持ちです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんとに、べっ甲色という表現がピッタリです。

ヒメジョン、キバナコスモス、ヤナギハナガサ、ルドベキアなど、雑草扱いされる草花がたくさん咲いています。

ヒラタアブも来ているはずだけど、記憶にないですね〜。
観察力不足です… ヾ(´▽`;)ゝ
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年10月04日 00:09
ヒラタアブはちっこいので、気をつけてないと気がつきません。
人のほうが一ヵ所にとどまっていれば、虫のほうから必ず近寄ってきます。それだけいっぱいいますよ、虫は。
だってここは昆虫の星なんですものw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月04日 20:51
当たり前だけど、虫って食べてばかりだなぁ…。

アブ蜂系はどうも苦手なり。
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年10月05日 23:49
>名無しさん
食事中のときがいちばん撮影しやすいですし、目にも止まりやすいので、食べてるシーンが多いのかもしれません。
例外はカエルですけどw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月06日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。