2006年10月15日
写真館-オツネントンボ

イトトンボは色がきれいなものが多いのですが、地味な茶色のイトトンボがいたら、それはオツネントンボです。

どことなく関西弁のようなひびきのする名前ですが、オツネンとは越年のことで、このトンボは成虫の状態で冬越しします。
冬をはさんで秋と春に成虫の姿をしているこのオツネントンボ、体の色が茶色いのも、その時季のまわりの風景に似せた色ということになります。
枯れ葉や木の枝に止まっているときは、なかなか見つけられません。

どんな顔をしているのでしょうか、ちょっと大きくしてみましょう。

写真館-オツネントンボ

トンボ顔というよりは、どちらかというとカマキリ顔です。
口をとがらせて、なんとなくカッパにも見えます。
キュートさは、あまりないようですw


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
先日は落下しそうだったアゲハのサナギにご助言頂き、ありがとうございました。
おかげさまで、見た目もサナギの状態も安定しているように思えます。
こちらもまだ羽が透けて見えるというような変化はありません。
こちらに伺うようになって、写真館等にもお邪魔させて頂いております。
最近はめっきり虫に接する機会が少なくなってしまいましたが、やっぱり素敵ですね。
接写などを観ると、まさに自然の芸術品ですね。
オツネントンボは初めてお目にかかります。
また観賞させて下さい。
Posted by れなちん at 2006年10月15日 23:19
サナギが安定しているということで、よかったですね。
サナギも不安定になってたことに、きっと気づいてたはずです。そこにでかい生き物が何かやってから不安定でなくなったことは、サナギも知っているはずです。
動かなくてもしゃべらなくても、一寸の虫にも五分の魂があるので、感謝の気持ちは持ったと思います。
昆虫ってメカニカルなところが好きです。それなのに完成度の高い形をしているので、かなり好きですw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月16日 00:06
イトトンボって青いのしか知らなかった…。
これ結構デカいのかな?
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2006年10月17日 00:13
大きさは普通のイトトンボぐらい。
顔はカッパぐらいw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月17日 00:36
うーん、カッパそのまんまです。

しかも、しっかりカメラ目線…
(/▽゜\)チラッ
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年10月21日 01:08
言われてみれば、なんとなく見られているような・・
複眼なので、一度に30個ぐらいの目が見ているかも。
((;゚Д゚)ガクガクブルブル
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月21日 14:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。