2006年10月29日
写真館-ツマグロオオヨコバイの集団性

葉の裏で休むツマグロオオヨコバイ。

決まった数種類の植物にいつも集団でいるこの昆虫、大発生でもしたのでしょうか。
初夏から晩秋までずっと姿を見せる息の長い昆虫です。

すっかり寒くなった昨今、写真を撮ろうと庭に出てみても、いるのはクモ、アリ、そしてツマグロオオヨコバイだけ。

被写体の少ない庭は、ひっそり冬を迎えようとしています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お花もそうなのですが、
昆虫関係も冬はネタに困りますか…

12月になると何がアップされるのかな。
ヽ(~〜~ )ノ ハテ?
Posted by ケロ@ハーブで健康! at 2006年10月30日 00:22
>ケロさん
横レス失礼します。
>12月になると何が
トンボの複眼の記事のような 『真剣考察』 の充実に一票入れてみませんか?w
Posted by 野狐 at 2006年10月30日 01:04
おはようございます。
朝早くからお邪魔しました。
最近立て込んでまして・・・

この虫ツマグロオオヨコバイて言うんですか!
うちの小さな畑でもよく見かけます!!
今はヨウトウ虫?と数々の青虫がキャベツを襲ってます。
昆虫に関してはまだまだ無知で・・・
ここで知ることが沢山あります。
昨日は久しぶりにトンボを見かけましたよ。
その数時間前には雹が降ったと言うのに、生命力に驚きです。
その後天気は回復したので、トンボは最後の秋空を満喫したと思いますよ。

キアゲハの事で気になることが・・・
5齢の期間が二週間経つものが1匹居ます。
他は5齢から1週間程度で蛹の準備に入ってます。
このまま様子見で大丈夫なのでしょうか?
長くなりましたが最後に
蛹の模様にそれぞれ個性がでるんですね。
蛹に芸術を感じるのは私だけなんでしょうか?
Posted by まゆっち at 2006年10月30日 08:20
>ケロさん
正直、冬はこまりますねw
なんせ相手がいない、被写体がいないのでどうにもこうにも話が進みません。
樹皮剥がしたり土掘ったりしても、昆虫たちに嫌われるだけですしw

>野狐さん
おお、そのテがありましたか。
ひたすらゴネゴネと論じまくるのもいいですが、体がもちませんw
まあでも、時には論じるかもしれませんので、よろしくですw

>まゆっちさん
ツマグロ、けっこういますよね。今年は大発生なのか、例年より多いような気がします。
雹ですか!
きっと逃げまくったのでしょうね。自然現象で命を落とすのもまた、自然現象なのかもしれません。
とりあえず無事でなにより(^O^)
うちの最後のアゲハ5齢幼虫も、2週間以上かかりました。気温が低くなる分食欲も落ち、それでサナギになるまで時間がかかるのかもしれません。
様子見でいいと思いますよ。
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月30日 20:11
ご回答ありがとうございます。
なんせ飼育初挑戦なもんで・・・
この幼虫、指摘された様に食が細いような気がしてました。
食べる早さは見ててなんだか笑えます。規則正しい上から下への動きがまた笑えて、バカな私は何で下から上には食べないのかな?なんて考えながら観察してますけど。
このまま様子見しときます。一安心!



Posted by まゆっち at 2006年10月30日 21:11
今はサナギになった幼虫くんも、昔はこんな調子でしたw
https://aiaicamera.up.seesaa.net/image/060826-2.wmv
Posted by ぁぃ♂ at 2006年10月30日 23:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。