2006年11月03日
写真館-カラスとトンビ

2年ぐらい前に撮った写真を、引っ張り出してきました。
呼び名は地方によってさまざまです。
このあたりでは、「カラスとトンビ」と言います。
左側がカラス、右側がトンビです。

言うまでもなく、これはイカの口ばしです。
この二つが対面状態にかみ合って、構成されています。
黒いとがったところで、食べ物を切り裂いて食べます。

軟体動物のカタツムリが硬い歯や殻を作るように、軟体動物のイカも硬い口ばしや骨を作ります。

撮影時は机の上において撮ったのですが、あっという間に乾燥し、しなって直立しなくなりました。
常に水分で覆われているこの物質は、水分が無くなった瞬間からその形さえ保てないのです。
まるで、ベビースターラーメンが無くなった世界では生きられないぼくのようですw
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
話を作ったわけではなくて…
ちょうど今日、イカを買ってきましたwww

明日はタコカレーの予定だったのですが
タコがなかったのでイカで代用しようかなと^^

あ、でも〜、お大根があるからこれと煮付けてもいいかな〜。

すみません〜。お料理ブログになってしまいました〜。
ごめんちゃいm( __ __ )m
Posted by ケロ at 2006年11月04日 00:05
はじめまして、サチといいます。
初めてブログを拝見させていただいています!

これどこかで見たことあるなって、しばらく考えていたんですけど、そう、よっちゃんいかのなかでイカと一緒に入っていました!口だったんですね!小さいときは何も考えずに食べていましたが、まさか口の部分だったとは、時を越えて驚きです!!!
私が最近はまっているのは、クリスマスローズの栽培で花の少ない季節に咲く花としてとても人気なんですよ♪育て方も簡単です。一応サイト作っているので、良かったら来てみてください!
ではまた☆
Posted by クリスマスローズ at 2006年11月04日 09:40
>ケロさん
イカすごーく大好きですよー。
んなわけでレシピといきましょうw
1.輪切りにして面取りした大根と昆布を入れて水から火にかけて、沸騰する前に昆布を取り出す。落し蓋をして、大根を30分くらい下茹でする。
2.イカを大きめに輪切りにして、日本酒に漬けておく。
3.大根が下茹でできたら、イカを投入。みりん投入。
4.落し蓋をして1時間くらい煮る。
5.醤油で味付けして5分くらい煮る。
6.(゚д゚)ウマー

>サチさん
はじめましてです。
よっちゃんいかで思い出すとは、なかなかの通だと思いますw
酒の珍味としても売られていて、けっこう高かったりします。
クリスマスローズ、サイト拝見しました。
1から10までわかるいいサイトですね。ここ北国でも育てられそうでいいかんじです。
冬でもこういうきれいな花がある生活もいいですね
Posted by ぁぃ♂ at 2006年11月04日 17:36
昨日、タコと格闘しました。
父がタラの仕掛けで釣ってきたタコです。
…タコとかイカとか、さばくのはいいんですが、目玉をくり抜く
瞬間が一番嫌ですよね。日常に潜むホラーなのです。
Posted by 野狐 at 2006年11月06日 22:25
生きているタコと格闘できるなんて裏山鹿。
一度でいいから吸い付かれてみたいもんです。(他意は無し)
目玉、確かになんとも言えぬ状況で、調理と割り切らなければ気を失いそうですw
Posted by ぁぃ♂ at 2006年11月06日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る