2012年05月11日
アリのマユができていく

前回の状態から約20時間後の状態。幼虫の体は完全に見えなくなり、マユの皮が形成されています。
前回は石膏の上にいましたが、働きアリたちがスポンジの垂直面まで運び、この場所で支えられながらマユができていったと思われます。
マユを作り出した当初から付着しているのは、スポンジのかけら。働きアリが食いちぎってくっつけたのかもしれません。
この食いちぎってくっつけたスポンジのかけらと同じ役割をさらに欲しがって、スポンジの面に置いたような気もします。家を作る時の足場とか、コンクリートの型枠みたいなもんなんでしょうか。


アリのマユができていく

さらに11時間経過後の状態。付着していたスポンジのかけらは取り除かれ、マユの皮もさらに厚くなったように見えます。
今回の観察で、周りの働きアリたちの手助けがマユ形成には必要であることがわかりました。また、異物を用いての形成効率アップのような現象も見ることができました。

幼虫は、このマユの中で皮を脱いでサナギになります。初めて誰にも助けられずに行う大イベントです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさん、お久しぶりです(^_^;)
困ったときばかりお邪魔して申し訳ありません...。
また教えてください。

今、幼稚園でナナホシテントウを飼育しています。
初めて卵を孵化させることができ、蛹にまでなったのですが、そこから干乾びるようになってしまって羽化することができずにみんな死んでしまいます。
何が原因か、どうしたらよいかアドバイスいただければ嬉しいです。

タッパーの蓋に窓をあけ、そこに不織布を貼っています。
アブラムシのついたカラスノエンドウを入れています。

よろしくお願いします。
Posted by クリスママ at 2012年05月12日 14:09
>クリスママさん
お久しぶりです(^O^)
まずは、孵化からサナギまでの飼育成功おめでとーございます。
アブラムシの補給を続けなければならない飼育になるので、けっこう大変なんですよねーw
さて、サナギが干乾びて死ぬということですが、詳細な状況がわからないので、ちょっと汎用的な質問をしてみます。

・直射日光が当たりすぎてタッパー内が高温になっていませんか?
・空気の循環が悪くてタッパー内が蒸れていませんか?
・上記2つが少しずつ併合してサウナになっていませんか?
・アブラムシがサナギの体液を吸っていませんか?
・周囲に殺虫成分の入ったものがありませんか?

あとは何でしょねー…。
Posted by ぁぃ♂ at 2012年05月13日 00:30
ありがとうございます。
1,2,3,5は大丈夫だと思います(^.^)

アブラムシが蛹の体液を吸う...
もしかしたらあるかも!?
てんとう虫の幼虫は、共食いをするというのをどこかで見ましたが、ほかの幼虫が吸うということもあるんですか?
蛹になったら、別の容器に移した方がいいですか?

直接触ったり、葉や容器の壁から落ちるような激しい扱いはしませんが、時々子ども達がケースを持ち上げて覗いています。その程度で成長が止まってしまうということはないですよね?

いろいろ質問してすみません。。。
Posted by クリスママ at 2012年05月13日 12:09
>クリスママさん
テントウムシの幼虫は共食いをしますが、サナギを襲うというのは聞いたことがありません。
もし幼虫やアブラムシに襲われていたら、サナギから黄色い体液が漏れているのを観察できると思います。それが無ければアブラムシ強襲説もボツになります。
ちなみに、ここでは強襲らしきことが起こりました。
http://aiaicamera.seesaa.net/article/121389682.html

あと、容器を持ち上げる等は、ゼロではありませんが何らかのストレスにはなると思います。
ただ、これは観察の上で大事な事なので、それさえしないで成虫にまでなっても子供たちの教育にはなりません。
そうなると、飼育の本来の意味が崩れてしまいますので、これは除外していいと思います。

カブトムシの幼虫をいじりすぎて殺してしまうのも、子どもの教育のためならそれも通過点だと思います。「こうすると死ぬ」を何度も経験すべきなのが子ども時代なのかもしれません。
死んだ、生き返らない、生き物はすぐ死ぬ。この過程を繰り返せば、だんだんと丁寧に扱うようになると思います。
大人になると飼育が上手になるので、今度は逆に死ななくなります。増えて増えてやばくなるので、家族計画が必要になるわけですw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年05月13日 20:55
ぁぃさん、ありがとうございます。
体液が漏れているのは気づきませんでしたが、見落としかもしれません。

明日、子ども達ともう一度話し合い、残っている幼虫は1匹ずつ隔離し、蛹になったらアブラムシもケースに残らないようにして、再度挑戦してみます。
いい報告ができるといいのですが...
Posted by クリスママ at 2012年05月13日 23:10
>クリスママさん
もう一度話し合うというお知らせが、すでにいい報告ですよー(^O^)
「なぜ?どうして?どうしよう…、こうしよう!」が生まれれば、飼育の目的達成だと思います。
羽化は、そのご褒美。万一羽化に失敗しても、一度悩んだ次の飼育には、前回なかった知恵がプラスされているかもしれません。
まあでも、羽化まで行きたいところですねw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年05月14日 00:10
あとは、病気かもですね(乱入!

そもそもぬれたスポンジ等を使って適当な湿度は確保してますか?
幼虫時代はさほど水分を必要とせず、わりと湿度はいらなかったり(獲物の体液でも補える)するので蛹になるとやばかったりします。

共食いは、ぁぃ♂さんがおっしゃるとおり体液の確認を。
まぁでも、餌が足りてれば起こらないし、餌が無ければ幼虫同士が先のような気もします。
幼虫が最近減ってるようでしたら蛹も食われてる可能性が高いです。

あと、妙な虫が出入りしてたら寄生虫です。

思いつくのはこのくらいですねぇ。
がんばってください。
乱入失礼いたしました。
Posted by ムツギアリ at 2012年05月14日 00:52
>ムツギアリさん
でた!乱入!www
ムツギアリさんは寄生を心配する前に、蟻酸を舐めないようにお願いいたします(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年05月14日 23:58
>蟻酸を舐めないよう
だが断る!(爆)
Posted by ムツギアリ at 2012年05月15日 02:18
>ムツギアリさん
断るって、また腹痛になっても知りませんよ(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年05月17日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る