2012年06月05日
巣作り中のサワガニ

カニは実に上手に手足を使いますが、木炭の下の砂利をハサミ全体を使ってすくい出した後に、写真のように入り口の砂利ひと粒ひと粒をハサミでつかんで整地をします。
この小石ひと粒をつかむということは、その存在と位置が3次元的に見えているということになり、視力もかなりいいようです。
ただ、よく見ていると試行錯誤で2〜3度目につかめていることもあり、時々三角測量に失敗しています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | サワガニ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
視力がいいのかはたまたハサミで感じているのか。
蟹はハサミで味を感じるそうです。
と、いうことはハサミで石を確認しているのかも。
最初にハサミで調べてー的な。
しかしそれだと失敗したのがわからないような気もします。

視力かなぁ。水中となるとまた虫とは違う考えが必要です。
ザリガニはハサミで色々認識してるらしいですし。
だからハサミ引きずってる形なんですって。

今回は、水流とかの可能性もありますが、水流でも間違ったときわからないでしょうし、やはり視力でしょうね。
視力いいのか〜。
じゃイケメンオスの画像でも見せると喜ぶかもしれませんw
Posted by ムツギアリ at 2012年06月05日 00:43
>ムツギアリさん
ハサミで味を感じるというのは、それらしきことを観察してます。
えさを水の中に落とすと、けっこう高い確率で沈んだえさをハサミでつかみます。視力が高いのもあるでしょうが、やはりハサミで何かを感じていないとすぐにはつかめないと思うんですよ。
結局、視力もハサミも両方使っているような気がします。ハサミも立派な感覚器みたいです。
イケメンオス画像ですか!w 今度エイリアンの写真でも見せてみます(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年06月05日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る