2012年07月05日
パツラ親子の日常パツラ親子の日常

3匹の子どもと1匹の親の同居ケース。色の薄いのが親です。


パツラ親子の日常パツラ親子の日常

小さいながらもどんどん成長し、親と変わらない大きさになりました。色はなぜか茶色っぽい色です。殻の直径は5mmぐらい。


パツラ親子の日常パツラ親子の日常

パツラは活動時間とそうでない時間がはっきりしており、動くときはふたまで上がって這いまわりますが、寝だすと数日起きないこともあります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | カタツムリ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
子象の行進 という曲がありますが、ツムの行進 (^o^)/
やっぱり親が先ですか?
Posted by ぱぼ at 2012年07月06日 11:17
>ぱぼさん
慣れでしょうなw
振動があって少しすると水滴が降ってくる。その水滴は時間がたつと消えてしまう。
そんなことを多く経験している親は、霧吹き後にはすぐに水飲みを始めます。
そんな姿を見て、子どもたちも学習するのかも(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月07日 23:39
今日はもめずに仲良し♪
パツラ(親)さん長生きですね
Posted by JAM at 2012年07月08日 22:10
>JAMさん
採取時で5mm超えていたので、その時点ですでに大人に近い状態でした。それからもうすぐ2年になろうとしているので、想定外の長生きです。
ざっと2年半は生きていることになると思います。
小さいカタツムリは1年ぐらいの寿命であることが通説ですが、種類によってここまで違うとはびっくりです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月08日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。