2012年07月08日
脱皮後に皮を食べるエンマコオロギの幼虫

エンマコオロギの幼虫が脱皮しました。上が脱いだ皮、下が脱皮後の幼虫です。まだ体の色が黒くありませんが、時間とともに黒く硬くなっていきます。


脱皮後に皮を食べるエンマコオロギの幼虫

自分の脱いだ皮を食べる幼虫。脱いだ皮はゴミになるのではなく、次の皮を作る貴重なカルシウム源として体内に摂り込みます。体の色も、すっかり黒くなっていますな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんだか 世の中すべて無駄はなしってかんじですが
お教えください。
脱皮して抜け出たからよりも大きくなるというのは
その前はきちきちでしんどい時期があるんでしょうか?
Posted by ゆき at 2012年07月08日 08:00
こんぬつわっ(^O^)

おおお!! やはりそうでしたか\(☆o☆)/
しかし、新しい身体は脱皮直前、本人的にはどんな感じなんでしょうね?前の方も同じ疑問をお持ちでしたが、そうだよね…と激しく同意。
そういえば真っ黒でないコオロギを見たことありました。突然変異かと思ってました。思えば脱皮系は少なからず薄い色で出てきますね。
大人になるまで、何回かヌギヌギするのかしら?

Posted by ぱぼ at 2012年07月08日 11:43
>ゆきさん
膨らんだ10cmの風船の中に完全に膨らんでいない15cmの風船が入っていると思ってください。脱皮のときには、10cmの風船を破って、膨らんでいない15cmの風船が出てきます。出てきた後に15cmの風船を膨らませて表面を硬くして丈夫にします。
風船を膨らますのは体液になります。羽化後のチョウも、体液で羽根を広げるんですよー(^O^)

>ぱぼさん
脱皮前の内側の殻は殻と言うよりは薄い皮のようなものなので、前の日まで普通に食べ物も食べてますw
複眼のところだけは透明な殻なので、目もちゃんと見えてます。
脱皮直後は白に近い色ですが、子どものころは茶色っぽい色で出てきます。
脱皮回数は昆虫によって違いますが、エンマコオロギの生涯の脱皮回数は9回です(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月08日 12:31
エンマ9回も脱皮するのか〜
ミツカドだと脱皮後白いですね
スズムシも白いです
エンマは珍しいですよね
Posted by いか at 2012年07月08日 21:04
ヘー!
びっくりです。
じゃあ、本人は
ぱっつんぱっつんで苦しいわけではないんですね。
ぱぼさんも私みたいに心配してはったようですね。
よかった〜
って、でも考えたらすごい知恵というかよく考えてあるというか
自然はすごっ!
Posted by ゆき at 2012年07月08日 21:59
>いかさん
昆虫の中では多い部類に入りますねー。
濃い色で脱皮するのは、普通より完成度が高い状態で脱皮しているからかもしれません。わかりませんけどw

>ゆきさん
外側に骨格を持った昆虫は、大きくなるにはそれを一度壊さなきゃならないので大変そうですねーw
人間で言えば、子どもの歯の生え変わりが近い現象かもしれません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月08日 23:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る