2012年07月21日
体長5mmのエンマコオロギの幼虫

体長数ミリだったエンマコオロギの幼虫も、5ミリぐらいに大きくなりました。腹部もぷっくりと膨らんでおり、今まさに成長期というわけです。
この幼虫から脚6本と触角を取った姿を想像すると、イモムシとそんなに変わりません。幼虫という時期は大きくなることに専念する時期。体の大部分が消化器官なわけです。つか、腸という生き物ですな。


体長5mmのエンマコオロギの幼虫

昨年は数百匹も孵化して大変でしたので、今年は数十匹孵化した段階で産卵床を外に出しました。
ただ、昨年のような爆発的な孵化ではなく、今年はじわじわと孵化した感じ。
もしかしたら、孵化総数としては少なかったのかもしれません。思ったより卵を産んでいなかったのかな?
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
順調ですね〜
こちらではとうとうオスメスの区別がつくまで
成長した個体もいます。早く鳴き声が聞きたいですな
8月下旬になったら外部捕獲も忘れないようにします
Posted by いか at 2012年07月22日 23:26
う〜ん、プリプリでいい感じですな!
うまそ・・・w
ムネアカたんなんかには丁度いい感じでしょうか。
ま、この調子でいきましょう!
Posted by ムツギアリ at 2012年07月22日 23:56
>いかさん
おお、そこまで成長中ですか。今日自然界のエンマコオロギの幼虫を見かけましたが、ウチのよりもかなり大きかったです。
たぶん、ウチのが孵化が遅かったかもしれません。
鳴き声、楽しみですねー。それまでの経緯があるので、大人になった喜びを強く感じる瞬間です(^O^)

>ムツギアリさん
こら、あんたカナヘビかwww
ま、今の大きさだとアリのえさにはちょうどいい大きさです。2齢のカマキリなんかにもいいかもw
つか、生餌は生餌でその都度捕獲してますので、ご安心を(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月23日 21:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る