2012年07月26日
梅雨明けに生まれたカタツムリの赤ちゃん

アオモリマイマイの老夫婦の2匹が、冬眠から目覚めてから3回ほど産卵していました。数は一度に5〜7個。3回産みました。
正規の産卵ではなさそうなので孵化はしないだろうと思っていましたが、念のため孵化態勢をとっていました。
7月26日、東北地方梅雨明け。1個の卵が割れていました。


梅雨明けに生まれたカタツムリの赤ちゃん

アオモリマイマイの赤ちゃんの孵化です。殻の直径は約3mm。卵の直径と同じです。
他の卵は何の変化も無いので、1個だけが受精卵だったようです。


梅雨明けに生まれたカタツムリの赤ちゃん

確認観察のタイミングから推測すると、孵化数時間後の個体になります。殻の巻きは1回転半。筋はまだ見えません。
たったひとりで生まれてきたので、同世代の兄弟がいません。しばらくは過保護に育てたいと思います。
他の卵は念のため、まだまだそのままで様子を見ます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(3) | カタツムリ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは(≧∇≦)

孵化おめでとうございます。巷で話題になっている高齢出産がツム界では恙なく粛々と行われている。
いやー赤ちゃんは、いつ見てもかわいいですねぇ。透き通っているっぽい位まだ殻も薄いんですね。
環境抜群のお姫様になるのかしら?箱入り息子?
Posted by ぱぼ at 2012年07月27日 01:05
わぁぁぁ(人´Д`*)。+゚かわいい〜!

うちのヒダリマキさん・・・一体どうなのよぉ〜。うちに来てから1周年たったのに全く産む気無し???orz

産卵してくれたら、超超丁寧に育てるのにぃ〜(=_=)

子宝にあやかりたいです〜。(。-人-。)
Posted by JAM at 2012年07月27日 19:52
>ぱぼさん
まさに高齢出産的孵化なわけで、人間で言うと70か80ぐらいの母体なんですがw
殻は1cmぐらいまで透明感があるので、食べたものがかなり見えて興味深いです。
本日、専用ケースでの飼育になりましたよー(^O^)

>JAMさん
カタツムリの子宝は数がとんでもないので、初期段階で冷静に対処しなければならないので、正直大変ですよw
買えない個体をどうするか、放す場所と時期は…とか、生まれたら生まれたで苦労があるのでありますw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月27日 22:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。