2012年07月27日
カタツムリの赤ちゃんをケースに移動

生まれたばかりのカタツムリの赤ちゃんを単独ケースに移しました。
濡らしたキッチンペーパー、ニンジン、カットルボーンをセットしています。


カタツムリの赤ちゃんをケースに移動

とりあえず、ここで落ち着いてほしいものです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | カタツムリ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ここは〜?どこだろー?あれはなんだろー?」って聞こえてきそう。(っ゚◇゚*)マァッ!
Posted by JAM at 2012年07月27日 19:54
>JAMさん
おお、さすがw
まず、周囲の探査から始まりますね。何がどこにあってどうなっているのかを確かめに、とにかく歩き回ります。
ある程度見ると、ふたの裏で休むのは恒例の行動。今日も帰る時に見たら、ふたの裏で寝てました。
まだまだ人を見てびびってますけどね(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月27日 22:36
まさにその通りの行動ですね。やたらと歩き回り(パトロールといってます(笑))天井で休む。最近は我が家のツムたちはニンジンに直行気味ですが。

Posted by ぱぼ at 2012年07月31日 00:24
>ぱぼさん
習性なんでしょうかねー。運動の後は宙づり休憩が好きなようです。
掃除の後の食事のときにも決まった行動パターンがあるので、そのうち書きますね(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月31日 19:50
先月ぴーすけが産卵した卵はほとんどが無精卵だったようで、濡らしたキッチンペーパーの上に乗せているのですが、ペーパを取り替えるのに移動させようと軽くスプーンで触っただけで割れてしまいました(泣)今わずかに数個残っているのみですが、これも果たして孵化するのかどうかわかりません。

ですが、今朝飼育ケースを掃除していたら・・・なんと!また産卵をしていました!
今回は8個と前回に比べて数が少ないですが、まさか2度目の産卵をするとは思わなかったので、朝からびっくりしました。
とりあえず、この卵たちも先に入れてあるケースへ移動しました。
果たしてどうなるのやら・・
Posted by おけい at 2012年08月01日 16:56
>おけいさん
マジな産卵では数十個産むので、数個の産卵は想定外の産卵かご老体の産卵のような気がします。
それでも今回ご老体の卵が孵化したので、とりあえず希望を捨てずに孵化態勢はとりたいですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年08月01日 23:28
はじめまして、カタツムリで検索してこちらに辿り着きました。
素敵なブログですね感動しました(*´`*)
相談なのですが、一昨日買い物で買ったホウレン草にカタツムリがくっついていまして、急遽飼うことになったのですが
なにをどうしてよいやらで検索で色々調べ、飼う為に必要な物は一通りは揃えたつもりなのですが
一つ困っていますのが、カタツムリを飼う際の枯葉です
枯葉がうちの周りには見事無くて、困っていたら娘が
ダイソーで昆虫用(カブトムシなどに使うみたいです)の天然クヌギの葉なるものを買ってきてくれたのですが
カタツムリにクヌギの葉は大丈夫でしょうか?
毒にはなりませんでしょうか?
もし宜しければ、お時間ある時にでも回答頂けると幸いです。
どうぞ宜しくお願い致しますm(_ _*)m
Posted by 藍 at 2012年08月04日 19:07
>藍さん
はじめましてです(^O^)
さっそくですが、枯葉はあれば入れるのもいいですが、無ければ入れなくてもいいと思います。ちなみに、自分が枯葉を入れるのは冬眠の時だけです。
自然界のカタツムリは確かに枯葉も食べますが、コケや葉っぱも食べます。枯葉を入れなければ飼えないということではないですよー。
カブトムシ用のクヌギの葉ですが、入れなくてもいいと思います。細かいことになりますが、カブトムシ用のクヌギの葉は成虫の隠れ場所のアイテムとして売られていると思います。幼虫の食べ物として売られていれば別ですが、単なるアイテムとして売られているものをカタツムリは食べてしまうかもしれません。
マット(木くず)でもカブトムシ飼育用にいろいろ売られていますが、針葉樹マットは成虫飼育には使ってもいいですが、幼虫飼育には広葉樹マットでなければなりません。これは、単なるアイテムなのかそれとも食用なのかの違いです。
そんなわけで、用途が明らかに違う場合は念のため注意が必要かもしれません。

カタツムリはきれい好きな生き物ですが、飼育環境が汚れやすくなる生き物でもあります。掃除しやすいセッティングにすることが何気にポイントですよー。
あと、意外にタフな生き物なので、それなりに自己防衛しながら順応して生きていきます。他の生き物のようにあれをやれば死ぬ、これをやらなければ生きられないといったことが皆無ですので、楽な気持ちで飼うのがいいと思います。
のんびりした生き物を飼うときは、飼い主もスローライフになるくらいでちょうどいいです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年08月04日 23:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る