2012年10月02日
アオゴミムシのなかま

先日の台風接近のときに、車庫の中にちょっとかわいい昆虫が避難してきました。


アオゴミムシのなかま

肝心な部分がセメント粉で見えていないのですが、アオゴミムシのなかまのようです。体長は1.5cmぐらい。
触角に触ると逃げますが、さわらないとじっとしているおとなしい昆虫です。


アオゴミムシのなかま

ワラジーもこの日は大量に車庫に侵入。晴れたら出ていけよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
知り合いの整形外科のドクターで、ゴミムシ界(否、ゴミムシの研究者界か・・・)ではちょっと名の知れたお方がいます。なんでも新種発見したこともあるようで名前もついているらしいです。論文なんか書いちゃったり。
でも、ゴミムシ研究では食っていけないので仕方なく(!!)医者やってる、と言ってました。
因みに、父上はダニの研究者でそれで食っていけたのだそうで・・・。
かわいいものですなあ。よく見ると。

うん、ワラジーもこうやって写真に撮ってもらうと古代からの生き物って感じですね。化石にありそう。
Posted by ぱぼ at 2012年10月03日 03:24
>ぱぼさん
仕方なく医者wwwwwwwwwwwwww
いやはや、世間広すぎで噴いたwww
ダニは人に害を与えるので、その研究は人に役立つということで一定の収入もあったんでしょうかねー。
ゴミムシは害という害も無いので、残念ながら経済的に換金できないかもしれませんな。
せっかくの専門知識、論文だけでなくブログもやってほしいです(^O^)
ワラジーは触角が脚みたいで不思議ですw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年10月04日 00:07
何か凄い人現れてるーーー!!!!!wwww
ダニの研究にゴミムシ研究?!!
サラッて書いてるけどすげえええぇぇぇぇぇぇ!!!
ゴミムシは、種類が多いし、まだまだ研究も進んでないんで名前が付くのは結構あることなんですが、それだけではまだまだなのが研究の世界、名前が知れてるってのはとんでもなくとんでもないですぞwwww
ダニの研究者と、ゴミムシの研究者知り合いの人そうそういないよ?!!
すげーーーー!!!!
Posted by ムツギアリ at 2012年10月04日 14:28
件の医者兼ゴミムシ研究者のお人なんですが、四駆の後部にはプルーシート、その下にはいつでもフィールドに出かけられるようなお道具たちがたくさんありまして・・・
野宿もできるようになんでしょうが、スコップとかつるはしみたいなの、ナイフの類、ロープ、寝袋、そのほか採集に必要なグッズとか。
んで、都内警戒態勢(要人来日中とか)のときはほとんどといっていいくらい車後部みせて!って職質にあうらしいです。
フィールドワークは、いついつどこそこに何の種類がどれだけいたか〜みたいな生態調査をやってたみたいです。
林道で、ゲートに鍵かけられて締め出されたとか逸話はいっぱいありますな。
今は長野と静岡の境くらいのとこに赴任中なので、満喫していることでしょう(笑)
Posted by ぱぼ at 2012年10月04日 18:13
回答ありがとうございます!w

わー、常に準備万端なんですなぁw
研究者ともなると、ロープ、寝袋みたいな野宿の準備までして、一泊二日捕獲旅行みたいな時もあるんでしょうか、すごい。
職質されるのが、悲しいですね・・・w
まぁ、つるはしスコップってあったら何となく埋めるとか彷彿としますが・・・w

生態調査キタコレ!ゴミムシでもやはりやるんですね。
うーむ、何がどれくらいどこにはいるんだろうww

締め出されちゃったのですかwww
いやー、まぁ自分もイノシシの声聞いて全力で逃げたりとかもしたけど・・・
いっぱいあるでしょうね、いつでもフィールド行って調査する気満々のようですからw
いやー、すごいですなぁ。

長野と静岡の境!そりゃあまた良い所に行きましたね〜(笑)
Posted by ムツギアリ at 2012年10月05日 00:19
>ぱぼさん、ムツギアリさん
こら、二人とも仲良くしすぎwww(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年10月05日 00:24
ゴミムシでこんなに盛り上がるとは(笑)
そうそう、一泊二日どころか2〜3日行方不明になってた時もありました。
携帯が普及していない頃は、連絡とだえても「またムシさがしか〜〜」と誰も心配しなかった。

ぁぃさん、これもぁぃさんちの車庫への訪問者のおかげであります。

Posted by ぱぼ at 2012年10月05日 01:27
>ぱぼさん
昆虫には有名なのも無名なのもいますが、ゴミムシが主役で話が進むのもめずらしいかもしれませんねw
死骸を食うばかりか名前もゴミなので、一般的には気持ち悪く思荒れることが多いと思います。
でも顔をよく見るとかわいいんですねーこれが(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年10月05日 23:09
ぱぼさん、こんばんは(え?!

普通、ゴミムシは、そもそも気にかけられすらしない存在のような・・・w

死骸を食うので、飼育も簡単な部類なんですが、自分とは相性が悪いのかいつも死んでしまいます;
種類の多い分、色々魅力的だとも思うんですが・・・
特に、このアトボシアオゴミムシは。

ああ、3,4日行方不明なりましたかw

まぁ、そこまで虫探し・・・生態調査行ってたら、そりゃそうなりますねw
慣れてるから、意外と遭難とか、いのししに襲われたとかにはなりにくい・・・のでは?w

ほんと、ぁぃ♂さんの車庫のゴミムシさんのおかげです。
あー、しかし・・・
研究者スゲぇ。めっちゃ研究者面白そうじゃんw
Posted by ムツギアリ at 2012年10月05日 23:47
>ムツギアリさん
こら、調子に乗りすぎ禁止wwwwwwwwwwwwwww
いや、実際、雑草の栽培が難しいようになんでも食うゴミムシの飼育って、意外とむずかしいのかもしれませんねー。
なんでもというのはよくわからないから何でもとしているだけかもしれませんし、まだまだ不明な点が多い昆虫なのかもしれません。
だからこそ、研究の価値もあるのかもですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年10月06日 12:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る