2012年11月24日
コオロギにカイロ導入

冬季のエンマコオロギ飼育の暖房の定番、カイロの季節になりました。
人がいる時は敷いているパネルヒーターで温めますが、人がいなくなるときは念のための火の用心ということでカイロを入れるようにしています。
効きめは12時間以上なので、寒い夜中でも暖をとれる次第。

自然界では寒くなると日光で温められた石の上などで暖をとります。それと似たようなことをケース内に持ち込むと、コオロギはこの上で暖をとる行動を見せます。
さらに寒くなると今度はこの下にもぐりこみ、蓄熱した木炭とともに温まります。
寒いのは嫌い、暖かいのは好き、この点は間違いないようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(7) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
先日は突然問合せフォームから失礼しました。
やはり、コメント欄からの方が良かったですかね。。。
本当に申し訳ありませんでした。

さて、この寒さでハエの捕獲が難しくなってきました。
魚肉ソーセージや生の鶏肉、牛乳でつないでおりましたがとうとうわたくし、本日ミノワームデビューしました。
お店で「ギャーギャー」言いながら購入してきました。
ぎぼぢ悪いですぅ……がっ!カマちゃんたちのために買いました!
メスのカマちゃんは5匹食べました。オスのタマちゃんは1匹しか食べませんでした。オスよりメスの方が食べる量は多いというのは調べて分かりましたがそんなものですか?

いつも質問ばかりですみません!!!
Posted by ちっち at 2012年11月24日 22:45
>ちっちさん
ちっちさん!ありがとーございます!!!
…というのも、この前受信ルールの設定をやってて、どうやら間違っていたようです。それで、問合せフォームに届いたメールが広告メールのフォルダーに入ってましたw
ちっちさんのおかげでミス設定に気づいたというわけです。このままだと中身も見ないで空にするところだったので、いやはや、どーもどーもなのであります(^O^)

つか、ミノワームじゃなくてミルワーム(ミールワーム)ですね(^Д^)
年じゅう手に入るエサ用昆虫なので、自分もカマキリ飼育の時に利用しました。その時にミルワームを飼育して羽化させたというわけですw
http://aiaicamera.seesaa.net/category/5036788-1.html
ただ、栄養に偏りがあるのも事実なのですが、これしか無いというのもまた現実であり、しかたがないですねー。
メスは産卵前ならガムシャラに食べると思います。産卵は1度だけではないので、今後も産卵を考えているなら、メスの食欲は猛烈になると思います。

ミルワームは、老後のカマキリの介護食にもいいですよ。カッターで切って白い乳液のような体液を吸わせるのであります。牛乳も介護食に良いと言われています。
鶏や牛などの肉もいいらしいですよ。これからの介護、頑張ってください(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年11月25日 00:16
お返事ありがとうございます!
私のしたことで何かミスに気付かれたようですが、お役に立てて良かったです☆

ミルワームでしたか(汗)間違えて覚えちゃいました。
とにかく気持ち悪いから購入は避けたかったのですが、ここ数日天候が悪くハエが捕れなくて…。
それより、そやつをカッターで切るなんてできるでしょうか(ToT)あぁ。。。考えたくないorz

メスとオスの交尾は考えていなかったのですが、この二匹の飼育ケースは並べて置いてあるのでお互いの存在は分かっているようで「これって人間に置き換えたら生き地獄??」とか思ってみたりで…ただ、メスの方がかなり攻撃的でオスが喰われてしまいそうな勢いで怖いんですよね。私的にはオスのタマちゃんのが可愛いのでなかなか一緒にすることができません。

もう一つ質問なのですが(本当にすみません)、とにかく落下することが多くなってきたオスのタマちゃんなのですが、これって年老いてきたカマキリにとっては仕方のないことでしょうか?

本日も質問攻めですみません!!!
Posted by ちっち at 2012年11月25日 01:34
>ちっちさん
普段はカッターで切るなんてできませんが、固形物を食べることができなくなるほど衰弱して虫の息の状態のカマキリを目の前にすると、元気にさせたい思いでできてしまうのかもしれません。
肉食昆虫にエサをあげる場合、もっともっとグロなことをすることもありますよw
メスがオスを食うというのは交尾直後にありがちですが、交尾前にメスをおなかいっぱいにしておくとオスを食う確率がかなり減るそうです。
なので、メスに空腹を感じさせない状況ならオスを食う確率もかなり減ると思います。
落下についてですが、落下の増加は典型的な老化です。落下した場合に起き上れるように、地面に脚が引っかかるような重いものを置くといいと思います。
昆虫は体の構成上、弱るとよくひっくり返ります。ひっくり返って起き上がろうとし、そこで膨大な体力を使って疲労死することもよくあります。
カブなんかの飼育では、これは非常に重要な項目になります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年11月26日 00:36
えー、ミルワーム可愛いよぉ・・・
と、言う日がいつか来ると思います!ええ!!(そう、実は乱入である)
自分も最初ミルワーム切り刻むなんて・・・
と思いましたが、慣れるし、人間もこんな感じで調理したものを食べてるのだからと。
それなのに気持ち悪いとか、調理師の人とかに失礼かも?
とかいう考えに落ち着きますよ、多分。

そして、生きてる間のミルワ。これから犠牲になるのだから、折角なら生きてる間、少しでも幸せであるように満腹でいられるよう、餌を、あげましょう。
ミルワームは雑食ですので、ご飯粒でも何でも食べます。
そうしてる内に、こいつらだって一生懸命生きている。
それを食べるカマキリだって。この寒さの中懸命に。
そして、人間も。人間が食う牛だって。
牛に食われる草だって。
草だって、他の雑草に負けじと根を張り、天に茎、葉を広げ、生きている。
そういったことが、分かるきっかけになれば、カマキリもまた、幸せかもしれません。

・・・・と、いうわけでミルワームに餌をやりましょう。
湿らすと全滅するんで、加水せず、餌だけやるように。
世話はただそれだけ。楽でしょう?
それでも、多分愛着が沸いてきますよ。

自分もおきたらすぐミルワーム容器に指突っ込んで「おー今日は蛹になっちょる♪あー、幸せー♪」ってなります。
Posted by ムツギアリ at 2012年11月26日 00:41
カイロは100均一で購入しているんですか?
意外と費用かさみそう・・・
Posted by いか at 2012年11月26日 10:48
>ムツギアリさん
つか、ゴミムシダマシの成虫がホタルのようで、非常にかっこいいなと思いました(^O^)
でも馴れないんですよねーw あの虫は全く馴れなかったw
飼育で面白いのは、食物連鎖を両方の視点から見ることができることですな。カマキリからみたイエコ、イエコから見たカマキリ、どちらにも生きる理由があり死ぬ理由がありました。
そういう意味では、肉食生物の飼育は学ぶ点が多いですねー(^O^)

>いかさん
このカイロは「白元 貼らないカイロ ぬくりんこ」です。いろいろなカイロが売っていますが、このカイロは持続時間に偽りが無く、非常に暖かい状態が長く続くので気に入っています。
これより少しだけ安い商品も買ったことがありますが、持続時間の実証は大幅ダウンでした。
もちろん買うときはチラシで安い日を見つけて、30個入りでまとめ買いしてます。1シーズン800円ぐらいの追加出費になりますが、人がいないときのパネルヒーターが怖いんですよねー(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年11月26日 19:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る