2012年11月25日
カイロでくつろぐエンマコオロギ

『ポッカポカのカイロの上で脚の掃除…っと』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『太もものほうもきれいに掃除…っと』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『イテッ、コケちゃった』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『坂がゆるいところに移動します』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『ここなら水平なのです』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『よし、これで掃除完了…っと』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『今度は全身を温めるお』


カイロでくつろぐエンマコオロギ

『体を持ち上げてのくつろぎのポ〜〜ズ♪』
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かわいい!

カイロって直だと結構熱いですけど、平気なんですかね?
Posted by あべ at 2012年11月25日 00:43
素晴らしい・・うちは直接コオロギマットを敷いて飼育してたのでカイロとかは入れず新聞紙で保温してたつもりだったけど
いくらでも工夫すれば暖かい物は入れれたはず・・もっといたわるべきだったかなぁ。

そういえばコケると言ったら、最後まで生きてたオスコオロギも交尾の終盤によくコケてたっけ・・随分スタミナ使ってたんだなぁ( ^∀^)
Posted by くろかーたー at 2012年11月25日 13:19
コオロギって、後ろ足がこんなに前にくるんですね…。
びっくりしました。
Posted by もりくま at 2012年11月25日 15:32
>あべさん
それが、好んでここに集まって来るんですよw
秋の終わりに太陽に暖められた石はけっこう熱いですが、あの上にいることを思えば意外と大丈夫なのかもしれません。
本当に熱ければ自分で移動するはずですので、問題なしです(^O^)

>くろかーたーさん
朝晩かなり冷え込む季節なので、ついついこういうことをしてしまうわけですw
自然の室温で寿命を迎えさせるのも、通常の飼育だと思います。そこから先は飼育人の方針次第ですなw
交尾でコケたオスは、まさに全体力を使っていたのかもしれませねー。メスに蹴飛ばされないように緊張もしたでしょうし(^Д^)

>もりくまさん
後ろ脚だけではこんなに前に来ないので、前脚や中脚で後ろ脚を引っ張るように前にもってきます。なので、支える脚が無くなってコケるんですよw
バッタ系の昆虫も同じようにして後ろ脚を掃除します。アリもすごい恰好をして掃除しますよw
Posted by ぁぃ♂ at 2012年11月26日 00:49
オスって意外とおちゃめですね
相手を確認せずに交尾しようとしたり
焦って交尾失敗したり
交尾誘ったらメス2匹来てなかなか交尾できなかったり
ウチではオスとメスが2匹ずつ生き残っていまして
ときどきくどき鳴きが聴けます
オスはまだまだ元気なんですな
Posted by いか at 2012年11月26日 10:44
>いかさん
ウチのオスはとうとう鳴かなくなりました。飼育部屋に響くのは、サワガニのエアーポンプの音だけです。
もう少しすれば、飼育ケースの蓋から落っこちるカタツムリの落下音が聞こえてくるでしょうw
来週はもう12月なんですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年11月26日 19:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る