2012年12月15日
筋有り筋無し3兄弟とニンジン

3兄弟の飼育ケースを掃除中なので、ふたの上で待機してもらっています。子どもの頃は要領がわかっていないので新聞紙の上まで出てきますが、このころになるとふたの中でじっと待っています。


筋有り筋無し3兄弟とニンジン

掃除完了、ニンジン投入。今回のニンジンは維管束の部分が細くて丸々と太ったニンジンでしたので、食べるところの量も多く、味も甘そうです。


筋有り筋無し3兄弟とニンジン

『うまうまうま…、ぁぃさんこりゃ甘いお!』

いっぱい食べて来年は卵を産んでくれよー(^O^)
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | カタツムリ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツムたちにニンジンをあげるようななって、維管束の部分の太さを気にするようになりました。
太いニンジンはたいてい維管束も太いですが、中くらいの太さで皮もみずみずしく器量よしだと、維管束もきゅっとしまっていて、可食部分も見るからにやわらかくておいしそうです。
スティックにしてマヨネーズや塩をつけて食べるときも、やはり維管束はあまり人間にとってもあまりおいしくありませぬ。
煮物にしちゃうとあんまり関係ないみたいですけと(笑)

わんさかベビツムはケンタのコールスロー容器みたいので2つのケースにわけてますが、蓋するとき窪みに入ってないか細心の注意が必要ですね。
自然淘汰ならともかく、蓋するときに圧死させたらさすがにそれはかわいそうですねー。
白ゴマ先ほどまた産卵してました(^。^;)

Posted by ぱぼ at 2012年12月16日 04:39
(*・ω・)(*-ω-)(*・ω・)(*-ω-)ウンウン♪
カタツムリ達、意外と頭いいですよね。
飼育ケースを覗くとカタツムリたちの交友関係がみれたりする。←(たぶん気のせいではないはず)
Posted by JAM at 2012年12月16日 11:39
>ぱぼさん
維管束は若干塩分があるような味がするんですよー。だから生だと味的にはいまいちなんですねーw
煮ちゃうとほぼ同じ食感になっていいかんじです。
カタツムリも甘い果実のような部分が好きみたいですな(^O^)
ミニ容器は自分はケンタの容器を使っていますが、開閉は神経を使います。必ず数を数えてから行動に出ますw

>JAMさん
あるあるw こいつきらいというよりは、こいつ好きの様子がわかりますねー。やっぱり個体間の相性というものが存在するんだと思います。
ゆっくりした生き物ですが、10倍速ぐらいに脳内変換しながら見ると、あれこれといろいろな反応がありますな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年12月17日 23:22
維管束はマヨネーズいっぱいつけるから生の生はあんまり意識していませんでした。今度生生でかじってみます。
そうそう、ケンタのコールスローの容器、もしくはお惣菜屋のカップ。
蓋を開けるときに、勢いでベビツムがすっとんでしまわないように、また、蓋を閉めるときに脱走してないか、蓋と本体の接触部分にいないか、やってみてかなり気を使うこととぁぃなりました。100金でカチカチやるカウンター買いましたがなかなか便利です。
同等カップを用意して一気に移動させるのはかなりいい感じです。
真ん中に置くとどこを目指すかの方向性もわかる・・・。
さすが固体識別はよほど特徴のある子だけしかわかりません。
白ゴマ・黒ゴマのときは2匹だったのでそうも感じませんでしたが、数が増えるともう、箸は必須ですな。
最初と最後に数を数えるとは、お裁縫のとき針(マチ針も含む)の数を数えるのと同じです(笑)
Posted by ぱぼ at 2012年12月18日 02:09
>ぱぼさん
大人の個体を飼う時と赤ちゃん個体を飼う時では、違う生き物のくらい飼い方が変わりますよねー。
昔飼っていた赤ちゃん個体がすっ飛んでいったことがあって、それが落ちた先がカーペットの上だったもんで、朝までかかっても探し出すぞと探したことがありました。結果、20分ぐらいかかって見つけましたが、あの時の罪悪感といったらありませんでしたw
ちっちゃなちっちゃな命ですがせっかく生まれてきた命でもあります。見つからないだろうでは済まないわけです。それ以来、すごく気をつけている次第(^O^)

ニンジンですが、普段カタツムリたちはどんな味を感じているのかなと思い、維管束部と肉部を分けて食べたことがあるんです。その時に、維管束部は塩味がしてじゃりじゃりした食感でした。
こりゃカタツムリなら食べないなと思った次第(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年12月20日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る