2012年12月14日
サワガニの水中での浮力

サワガニが水底を歩いている様子は、人間が月の上を歩いている様子に近いです。
そろりそろりとゆっくり歩くと普通に歩けるのですが、速足になるとぴょんぴょん跳ねながら移動します。これぐらい軽いと水中での移動は容易く、切り立った垂直面でもふわふわと登っていきます。
水中での浮力がちょうどいいわけですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | サワガニ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
佐和ちゃん、なんかとっても美人さんになったような(^O^)
明らかにカメラ目線?
『ぁぃさん、きれいに撮ってお(^O^)』

Posted by ぱぼ at 2012年12月14日 13:22
そのくらい、水の中を走れないとフナやドンコにド付かれますからね。
小さいころはもっと軽く浮力があるので、さらに足が速い次第。
脚を使いこなさなければ、小さいころはハサミも大して役に立たず、フナに何度も吸って吐いてされ、ドンコに脚をもぎ取られ、ヨシノボリに翻弄され、ザリガニにパワーギロチンされますからぬ。
Posted by ムツギアリ at 2012年12月14日 22:23
>ぱぼさん
お、わかりますか?(^O^)
はじめは人影を見るといった状態でしたが、今は人を見る状態になっています。
無条件に恐怖感を感じていた状態から脱しているので、これからは人間をより正確に判断してくると思います。仲良くなれればいいんですけどねw

>ムツギアリさん
ドンコ!!!!!!!!!!!!!!!
今の季節は脂の乗ったドンコがおいしいんですよーー!
…余談はさておき、食物連鎖の描写が正確すぎてウケましたが、フナの場合はまさにそんなかんじでカニがかわいそうですな(^Д^)
外骨格の生き物って肉や内臓の味が外界に逃げないと仮定すれば、味的においしいかもしれませんな。エビカニ系は確かにおいしいですし(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年12月15日 17:05
あぃさんこんにちは!
いつもながらきれいに飼育されてますね〜
私たちは寒くて縮こまり気味ですが、
今頃の室内飼育は、サワガニにとっては最高に心地よいのかな。
それにしてもこの画像、手前の岩も気泡も底の傾きも
軽快な動きを感じる楽しい構図ですね。
「クラムボンはかぷかぷ笑ったよ・・・」というフレーズが
頭に浮かんできました(笑)
Posted by ぐりお at 2012年12月17日 10:03
>ぐりおさん
写真撮るときは掃除の後にしてますのでw
つか、ろ過装置が思いのほかよく効いてくれてて、透明感はけっこう保てているのもありますがw
サワガニを撮る時には自分も水の中に入ります。右脳だけw
ゲストとして見ればゲストにしか写らないので、同族になって話しかけながら撮ることが多い感じです。無視されることも多いのですが(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年12月17日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る