2012年12月23日
アリが1匹★

先日1匹のアリが★になりました。腹部が一番小さい個体で、巣の環境維持を担当する長老の個体でした。
はじめはみんな腹部の膨らんだ育児担当の個体でしたが、時間が進むとその中から1〜2匹環境維持担当の個体が現れました。その個体は巣とえさ場を行き来して、仲間にエサを与える仕事をします。

その環境維持担当の個体が★になった今、写真の真ん中の個体と下の個体の腹部が小さくなっています。
これは、その役割を新たに果たそうとする現象なのかもしれません。簡単に言えば、常備食を食べきって体を軽くし、動き回ってタンクにまた食べ物を補充するといったかんじです。

育てる対象の卵や幼虫がいない状況でも、全部の個体が動き回るような変化は無く、あくまでもその中のごく一部だけがそのように変化するようです。
ある意味、ひたすらに秩序を守っていることになります。社会性の強い昆虫ならではの行動かもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(9) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
腹に溜めた液体を吸収して、動くエネルギーを作ったのかもしれません。
両方ですかね。

アリは、口移しで餌を仲間に分け与えたりしますから。
死を予感して栄養を仲間に分け与えて死を遂げていったのかもしれません。

アリのみぞ知る世界。
Posted by ムツギアリ at 2012年12月24日 00:29
>ムツギアリさん
いえいえ、働きアリは最初から役割分担があって、外回りは年の順に担当になる宿命ですw
腹部の小さい状態は半年以上も続き、あっちこっち動き回りながら、巣を総合的に管理します。
ハエや蚊と闘うのもこのアリですな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年12月24日 22:10
また見に来ました、やまディンです。
徐々に減っていくと寂しいですね。

餌って肉系もこの季節でも食べますか?
蜜系すら反応が薄いです。
一応、週2,3回蜜を取り替えてはいますし、まだ1匹も死んではいないんですが、全然動いてくれないんで不安です。

あ、こないだ金魚用の餌の赤虫を水で溶いて置いてみたんですが、

凄い匂い→偵察蟻が近づく→偵察蟻に赤虫の匂いが着く→巣の蟻が帰ってきた偵察蟻を攻撃

したときは激しく動いてました(笑)
赤虫はすぐに取り出しました。
赤虫くちゃい!
Posted by やまディン at 2012年12月25日 00:36
はい、やまディンさん、ずばりこの時期は肉系の餌は食べません(乱入!

いや、種類にもよりますが。
例えば、クロオオアリは、肉系の餌はこの時期ほとんど食べません。
そもそも、餌場にすらほとんど来ません。

オオズアリなんかは、冬でもまぁ食べます。

この時期はあまり動かないのが普通です。
心配せず生温い目で見守りましょう。

我が家では蜜系も2週間に一度やるかやらないかでも特に問題はありません。
蜜が腐ったりカビたりした方がアリにとってダメージが大きいので、もう少し回数を減らしていいと思います。
Posted by ムツギアリ at 2012年12月26日 23:22
なんだ、外勤アリだったのかぁ。
アリのみぞ(ry じゃなかったおw
Posted by ムツギアリ at 2012年12月26日 23:24
乱入ありがとうございます!
話を聞けて安心しました。
生温い目で年越ししますー
Posted by やまディン at 2012年12月28日 08:01
>やまディンさん
つか、肉系のエサはこの季節にはありませんw
それでも食べさせたいと思って乾燥赤虫をあげたこともありますが、なぜかぜんぜん食べませんでした。
メープルシロップもあげていますが、季節的なせいなのか、まったく食べなくなりました。水も飲みません。
たぶん、これがアリの越冬状態なのだと思います。
つか、赤虫臭のアリ噴いたwww あまりの異臭で敵扱いですか(^Д^)

>ムツギアリさん
アリネタの乱入は許すwwwwwwwwwwww
ま、しょーゆーことなわけです(^Д^)

>ムツギアリさん
そ、そ、外勤のベテランさんでした。アリを飼っていると外勤さんと育児さんの両方を見るので、外勤さんの忙しさには感心しています。そんな個体が寿命を迎えてしまうと、辺に寂しいものですな(^O^)

>やまディンさん
管理人認可の乱入者ですので、よろしくお願いします(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年12月28日 20:44
飼い始めて1ヶ月半とうとう初死亡者がでてしまいました><

2、3日前から触覚がクタっとなって、意味もなく壁を登ってじっとしたり、フラフラ歩いたり様子がおかしかったんですがついに。

産卵期が遠いです。
何故俺は11月から飼い始めてしまったんだろう(笑)
Posted by やまディン at 2013年01月06日 18:27
>やまディンさん
アリ飼育で注意しなければならないことは、床材の乾燥だそうです。まあ、自然界では土の中にいるわけで、かなりの高湿度の中で生きている生き物ということになります。
あと、不可解な伝染病も発生することが多いようで、そうなるとあっという間に巣が全滅するそうです。
念のため他の個体の様子にも注視しながら観察を続けたほうがいいかもです。
あと、アリは寒さには意外と強く、暑さのほうがやばいっぽいです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月07日 23:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。