2013年01月04日
カマキリの卵、さらに3個発見!

今回の記事から、カマキリの"卵のう"を"卵鞘(らんしょう)"と正規名称で書くことにします。
ここで書いたカマキリの卵鞘ですが、冬の寒空の下で初夏を待っています。
何気なく下のほうに目を向けてみると、なんと!卵鞘をもう1個発見しました。


カマキリの卵、さらに3個発見!

左の丸がさっきの卵鞘、右の丸が新発見の卵鞘です。距離にして50cmぐらい離れたところになります。


カマキリの卵、さらに3個発見!

どちらかというと、無理して産んだような形をしています。同じ個体が産んだのでしょうか。
もしかしたらもっとあるかもしれないと思って周りをじっくり探してみると…


カマキリの卵、さらに3個発見!

さらに2個発見!丸の中にあります。


カマキリの卵、さらに3個発見!

これは形が整っています。同じ個体が産んだとすれば、初期に産んだ可能性があります。


カマキリの卵、さらに3個発見!

こっちもいい形です。ちょっと全体を撮ってみました。


カマキリの卵、さらに3個発見!

一番最初に発見した卵鞘が左上、今回発見したものと合わせて4個の卵鞘になります。
形の整い方から見ると、はじめに右側の2個を産んだ後左の2個を産んだような気がします。
ここで撮影したときは、左上の卵鞘を産んでいた時でした。
撮影角度は太陽が南西の位置にある時ぐらいなので、いかに日当たりの良い場所に産んでいるかがわかると思います。

4個もあるので1個ぐらい観察用に採取してもいいのですが、なかなかいい場所を選んだ母カマキリを尊び、あえて4個とも自然にまかせます。自然のルールの中で相応の数が生まれ相応の数が死んでいくでしょう。それを見込んで4個産んだとすれば、自然に任せたほうが自然通りの数が生き残ると思います。
ちなみに、卵鞘の高さとその年の雪の深さの間には関係があるというのは迷信です。まあ、のどかなおとぎ話のようなものなので、のほほんとするくらいでいいでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(10) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あけましておめでとうございます!
今年も宜しくお願い致します。

我が家にも現在、3個確認できています。
時々巡回しては無事な姿を確認し楽しんでいます。
年末からの凍てつく寒さにも負けない、この薄い膜?殻?の不思議に感心するばかりです。
さて・・この木は何でしょうか?
Posted by マミー at 2013年01月04日 01:16
>マミーさん
おめでとーな次第でございます。
この木はツツジのような気がしますが、正直自信がありませんw
カマキリの卵を覆っている物質は"麩"のようなものなので、断熱性能や防風性能が高いです。
とはいえ、中に発熱体があるわけでもないので、あくまでも温度の急変を和らげる程度のものになりますな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月04日 01:38
遅くなりましたがあけましておめでとうございます!
今年もぁぃさんのブログを楽しみにしています!
Posted by タニ at 2013年01月04日 13:20
あぃさん明けましておめでとうございます!
今年もあぃさんの記事を楽しみにしつつ、時々お邪魔したいと思っております。どうぞよろしくお願いします。
写真の木は種類はわかりませんけどつつじですね。
レンゲツツジ系かミツバツツジ系じゃないでしょうか。
で、1つ目と2つ目の卵鞘ですけど、鳥に齧られてますね。
発泡質が欠損し、卵のスペースも見事に空になっています。
我が家でも初冬のうちはたくさんの卵鞘を見かけますが、
春までに半数以上が鳥にやられます。
シロハラやアカハラなどツグミの仲間がよく食べるようですが、
シジュウカラがつついているところを見たこともあります。
きっと貴重なタンパク源なんでしょうねー。
Posted by ぐりお at 2013年01月04日 18:44
>タニさん
あけおめな次第でございます。
今年もマイペースであれこれ妄想していきたいと思いますので、お暇な時にでも遊びに来てくださいねー(^O^)

>ぐりおさん
あけおめな所存でございます。
卵鞘、言われてみるとこれは齧られてますな!
1個目と2個目は高い位置にあるので、葉が落ちる前から見えていました。3個目と4個目はやや下にあって、枝が混みあった場所です。
鳥の気持ちになると、食べ物が無い寒い冬にシュークリームを見つけたら、そりゃ喜んで食べますよねーw
とにもかくにも自然界の出来事。過度な保護は単なるひいきになりますからねー。
でも、ひいきしたい次第ですw
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月05日 00:11
おー、齧られてますなぁ。
今年は我が家周辺でヒヨドリが増えて、それに比例するようにむしられたカマキリの卵の無残な姿が例年より多く確認。
ヒヨドリって大群で行動するから群れの移動した場所はあらゆるものが食い散らかされますね。
柿やらなんかの木の実やらクモやら。
来年の春は我が家周辺では虫は少ないかも。

母カマ、場所選び失敗・・・というのは言い過ぎか。
常に何が起こるかわからないのが普通ですからな。
今回の場合は日照など、卵鞘の快適さを優先したようにも見えますねぇ。
さぁ、残りの卵鞘はどうなるか?
Posted by ムツギアリ at 2013年01月05日 00:28
>ムツギアリさん
こら、早く採取して保護しなさいと言わんばかりの書き込み、さすがに心も揺れてきましたwww
でもあれですね、そういう野鳥の増加や襲来があって、いままであまり見なかった現象も起こったりするんでしょうねー。
卵というものは高カロリーなので、食べ物としては最高なんでしょうな。自分も鶏の卵が大好きです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月05日 00:37
ん〜「ツツジ」ですかね〜ありがとうございました!
我が家では「アオキ」の葉っぱが重なりあう所での産卵なので、上手い具合に目隠しが出来ているようです。

庭での見聞きや新しい発見に「へえ〜」と感動する事にささやかな楽しみを感じています。日常の雑事から開放される瞬間でしょうか・・。ぁぃさんのブログのお陰で、庭の散策もさらに楽しくなっています。
しかしながらパソコンの前に座る時間をいかに確保するかが目下の課題であります。
Posted by マミー at 2013年01月06日 12:07
今頃、あけおめです(^◇^;)
カマキリのらんしょう(さすがに変換しませんな)欲しい…σ( ̄。 ̄;)
今年はしょっぱなから大泣きしてしたいましたが、成虫ならまた性懲りもなく保護しちゃうんだろなー。
卵は観察出来る位置なら自然のままに。
あー、早く春よ来い。
Posted by ☆けめ at 2013年01月07日 09:32
>マミーさん
どんな庭でも未開の地なんだと思います。それは庭が熟せば熟すほど自然界の生き物たちが毎年どんどんやってくるからです。
楽しいですよ。こっちから出かけなくてもちゃんと来てくれますからw
自分はこれから新たな庭を作るような感じになりますが、自然の時の流れに合わせつつ、ゆっくりじっくり熟成していくような庭にしたなーと思っています(^O^)

>☆けめさん
あけめしてけめでとーございます(^Д^)
この時期に出会う昆虫は、妙に長生きしている個体か冬越し中に目覚めてしまった個体だと思います。今回は後者のような気もしますな。
もし後者なら、どっちにしろ今の季節では生きられなかったでしょう。
まあ、事故は時々発生しますので、それを未来に生かすということですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月07日 23:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る