2013年01月16日
小正月を生きるエンマコオロギ

今日も水をゴクゴクと飲むエンマコオロギ。毎日使い捨てカイロやパネルヒーターで保温しており、まだ2匹が生きています。
今までにあった事故としては、カイロで温まっていない場所での転倒。低温下では体の動きも弱まるために、ひっくり返っても起き上がる馬力が出ません。そのまま起き上がろうとする動きを続けていると、体力を消耗して疲労死してしまいます。転倒防止として足場を考慮しているつもりですが、足がどこにも引っ掛からないケースもまれに発生し、このときに起き上がれなくなります。

転倒時の疲労死を防止するには、あとは監視しかありません。今までにあった転倒事故のときも、たびたび監視していた中で発見し、救助した次第。救助後は温まっている場所に移すか、水飲み場で水を飲ませます。
温まっている場所では体もまだ敏捷に動くので、起き上がれる確率もあがります。

エンマコオロギを飼っていていちばんかわいいシーンは、食べている時と飲んでいる時です。こうやって健気に水を飲む姿を見ていると、まだまだ生きる意志があることを感じて安心します。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あー!分かります!!

どうして食べてる姿ってあんなに可愛いんでしょう?

あと、日向ぼっこしてる姿も捨てがたい♪

うちのカメさん達も、可愛さを振りまいてます♪
Posted by さわ at 2013年01月16日 23:21
今年も来た!ぁぃ飼育ブログ名物「小正月コオロギ」w
やはり多くの個体は寒さにより死亡していくのでしょうね。
温める事により寿命が延びていくー。
少なくともこのエンマコオロギは。
それならカマキリだって・・・
そうだ、来年は蟷螂を久しぶりにやってみよう。
蟷螂なら蛙が入っていないカタのケースに入れても・・・
グフフフwwww
Posted by ムツギアリ at 2013年01月16日 23:52
けなげすぎて泣けてきます(ノД`)
頑張って生きてるなぁ!
ムツギアリさんのコメントで、あの3月まで生きたカマキリを思い出しました(・_・、)
そしてまたウラナミちゃんも(忘れられない)
暖かくても、確実に体力は無くなっているのでしょうね。それも老いと言うのでしょうか。
ぁぃ♂さんの細やかな飼育方法なら、まだまだ大丈夫でしょう。
コオロギさんガムバレ!
Posted by ☆けめ at 2013年01月18日 20:54
>さわさん
日向ぼっこwwwwwwwwwwwwwwww
そこに目が行くのは生物飼育人としてはレベルが高いんじゃないでしょうか(^Д^)
日向ぼっこの気持ちよさを表情や動きから感じ取れる感性は、まさにカメに近い人類w
カメはいつかは飼ってみたい生き物なのであります(^O^)

>ムツギアリさん
そーいえば去年も小正月コオロギを書いたようなw
延命と気温はすごく関係あると思うんですよ。実際、孵化が遅れたズレ分よりも長く生きるので、外的要因として気温ということになりますな。
つか、カマキリとカタの同居ってwwwwwwwww
すばやいんだかのろいんだか、わけがわかりません(^Д^)

>☆けめさん
ですねー。老いは日々進んでおり、起き上がれない頻度も少しながら増えています。
実際かなり長く生きているので、関節の硬化や筋力の低下などの現象ははっきりわかります。
暖かい気温による延命も、そろそろ限界に達しているような気もします。
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月19日 11:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。