2013年01月21日
2匹生存中だったエンマコオロギのうちの1匹が★になりました。
体力的にも衰えていたほうの個体で、老いが早く来ていたようです。
とうとう最後の1匹となりましたが、今まで通りの飼育&監視を続けていきたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | エンマコオロギ〜2012年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小正月も迎え、手厚い飼育で北の地で長らえたエンマコオロギ、★になってしまいましたか、、、
ヒトよりはるか昔から地球上に存在する生命体としては先輩でも、一世代の寿命ははるかに短い、という摂理なんですね。
まだ体力が残っているもう一匹のエンマは次の目標は節分あたりでしょうか。
バリアフリーのコオロギケースで、1日でも長くかわいく食べる姿、水を飲む姿をみせてほしいですね。
Posted by ぱぼ at 2013年01月21日 15:00
>ぱぼさん
80年近く生きる人間も樹木から見れば、生まれたかと思えばあっという間に死んでいく生き物に見えるんだと思います。
365日で繰り返される季節の中で、それを1サイクルとして生きる生き物は、もしかしたら一番理にかなった寿命なのかもしれませんねー。
冬という死の世界を無理して生きようとせず、そこでいったん卵を産んで死んでいく選択。これはこれで地球生物らしいサイクルかもですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年01月21日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。