2013年05月03日
サワガニ飼育環境を再度変更

少し前に飼育環境を大変更したのですが、ここにきて異変発生。悪臭です。
水質の悪化が前より早く進み、ろ過器の硬質スポンジの部分に真っ黒なヘドロが付着していました。
中に入れている構造物や水槽内部に付着する汚れも増え、明らかにおかしいです。
そんなわけで、大掃除とともに木炭を再度投入してみました。
木炭の効果については不明ですが、今回の異変は環境を変えてから発生したので、そのあたりから原因を模索してみると、次のようになります。

■吸着作用をしていた木炭が取り除かれたため
古い木炭とはいえ、吸着効果や水質浄化の効果はまだあったのかもしれません。それが無くなったために、水質が時系列に正直に悪化していった可能性があります。
■砂利の量が3分の1に減ったため
バクテリアの効果は期待できない環境だと思っていたので、重量軽減のために砂利の量を減らしました。しかし、木炭同様に意外とバクテリアの効果が存在していたために、それが減って水質浄化の絶対量が減少した可能性があります。
■人工構造物あたり
ペット飼育用品の会社の商品なので、これが原因ということは無いと考えています。


サワガニ飼育環境を再度変更

今回追加した木炭は、新しい木炭です。半分だけ水に入れた状態にしています。
ちなみに普通に木炭を入れると水に浮いてしまいますが、こんなこともあろうかと前回の大変更の時に新しい木炭をバケツに入れて水を吸わせていました。水を吸った木炭は沈むようになります。
あと、ろ過器を新しいものに変えました。いつものような分解掃除では今回のヘドロ汚れが落ちなく、洗浄ブラシの届かないところまでかなり汚れていたので交換とぁぃなりました。


サワガニ飼育環境を再度変更

サワガニの水槽には脱走防止のためにふたをしています。このため、臭いの発生に気づくのが遅れました。
見た感じは水も澄んでいて異常は無かったのですが、ふたを開けたら異常な世界でした。
きれいな清水に棲む生き物なので、水質の変化には十分に注意していきたいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | サワガニ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る