2013年05月13日
ヒマワリやりなおし

花壇に蒔いたヒマワリが全く発芽せず、やはり気温がまだ低すぎたようです。そんなわけで、室内でのポット育苗を実施することとぁぃなりました。
ただ、ヒマワリのポット育苗は過去に何回かやりましたが、ヒマワリは直下に伸びる根の勢いがすさまじく、普通のポットでやるとすぐ根づまり気味になります。ただでさえ移植を嫌う植物ですので、そのまま地面に移植してもその後の生長がいまいちでした。
そこで今回は直下に伸びる根の育成を重要視し、深いポットにしたわけです。深いポットはなかなか無いもので、仕方がないのでビール用の紙コップを使うことにしました。深さ14cm、直径9cm。5個入り98円。まずまずです。


ヒマワリやりなおし

水抜き穴をキリで加工。このあたりの工作は楽しんでいます。


ヒマワリやりなおし

空気や水の出入口となる底部分の切り込みと側面の穴。不要な水は即刻排水できるようにしました。


ヒマワリやりなおし

かくして4個の種を蒔いた次第。室内に置くので今度は発芽するでしょう。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
私も家庭菜園を楽しんでおりますので
非常に参考になります。
早速やってみます!
Posted by へしこ at 2013年05月13日 11:29
>へしこさん
もともと飼育が好きなので、それが昆虫か植物かの違いだけでやってますw
どちらもそれなりにおもしろく、それなりに難しいです。工夫しなければ乗り切れない、そういう場面があるのも最高です(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年05月15日 00:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。