2013年05月16日
コバンソウの発芽

コバンソウの種蒔きは何度かやっていますが、その後の管理が行き届かず、数本程度が育っているかんじです。
そこで今回は本腰を入れてコバンソウを種から育ててみようということにぁぃなりました。
本来は秋に蒔くものなのですが、春蒔きで本腰を入れた場合にどうなるかの実験も兼ねています。


コバンソウの発芽

緑色の細い線が発芽した芽です。いつもなら土に種を蒔いて土をかぶせて発芽を待ちますが、今回は種を水につけるところからやりました。その後、発根したことを確かめたあとに土の上に乗せ、黒土を隠れるかどうかぐらいパラパラとふりかけました。
その時点では緑色の芽はまだありませんでしたが、翌日には写真の状態になっていました。
発芽率がここまでいいとは思っていませんでしたので、混みあい気味です。大きくなる段階で間引きが必要になると思います。
コバンソウは雑草系なので、あまり手を加えすぎても失敗します。ほどほど放置がいいのですが、この"ほどほど"がけっこう難しいわけです。なので、庭の隅にでも植え替えて放置したほうがすくすく育ったりします。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る