2013年05月22日
マイマイガの1齢幼虫飛来

この時期に風が強くて暖かい日があると、マイマイガの1齢幼虫が風に乗って風下にやってきます。体長は5mmぐらい。
サクランボの葉っぱの上に飛ばされてきた幼虫は、さっそく葉っぱを食べていました。


マイマイガの1齢幼虫飛来

ブルーベリーのつぼみのところでも発見。マイマイガの幼虫は何でも食べるので、かなり警戒しなければならない昆虫です。
何年か前に大発生した時は、ホームセンターで売られている植物が、数日のうちに売り物にならなくなっていました。その後羽化した成虫は街灯の周りや自販機の前を飛び交い、街の街灯が空襲警報のように消された時期もありました。
大発生するかしないかは、1齢幼虫がどれだけ飛んできたかでだいたいわかります。あの時は外にいると服や髪に何匹もくっついていましたので、これはやばいといった状況でした。今回は、やや多いなといったかんじです。
幼虫はいわゆる毛虫ですが、毒はありません。ただ、アレルギー体質の人は皮膚が荒れるなどの症状が出るかもしれないので、それぞれの体質に沿った対策が必要です。
また、家庭菜園や趣味の園芸の場合でも、見つけ次第対策をしないとあっという間に葉っぱが穴だらけになってしまいます。いやはや、幼虫警報発令ですな。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | マイマイガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
えっ?マイマイガって幼虫で飛んでくるの?!
毎年、庭で数匹しか見ないので(釣りに行ったところもまばらに藤にいる程度)普通にどこかで孵化してるのかと。
いやはやしかし、歩けば数匹髪に付く。
それはわたしもイヤですわ。
Posted by ☆けめ at 2013年05月22日 02:12
>☆けめさん
マイマイガの幼虫は別名ブランコ毛虫なので、糸を出してぶら下がることができるんですよ。
孵化したあとは暖かくて風の強い日に糸を出してぶら下がり、糸を羽根の代わりにしてタンポポの綿毛のように散っていきます。
軽さが軽さなので、着地点の範囲はかなり広いと思われます。
なので、大発生の時は髪の毛や服に着地するわけです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2013年05月23日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る